2016-04-12

Bharti Airtelは、インドのバンキングライセンスを受理。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、インドの最も大きいオペレータの子会社AMSL(Airtel M Commerce Services Limited)は、国の数百万人の未貯金であったユーザーの間で、未開発の市場を追跡することを可能にする完全なライセンスを受け取る最初の会社になったと報告した。

AMSLはRBI(Reserve Bank of India/インド準備銀行)から支払い銀行ライセンスを与えられたと、BSE(Bombay Stock Exchange/ボンベイ証券取引所)にステートメントで言った。

バルティ・エアテル(Bharti Airtel/भारती एयरटेल)子会社は、そのようなサービスを提供するために2015年08月に原則中承認がRBIにより与えられた11の会社のうちの1つであった。

それは、完全なライセンスにアップグレードされた。
その承認を持っている1番目である。
従って、それは金融業においてかみ合うかもしれない。

支払い銀行は、ユーザーのための預金と移転支出を取ることを許されるけれども、彼らは資金を貸すことができない。

それにもかかわらず、AMSLの同類は、彼らが、中小企業、低い収入家庭、農夫、および移動性の労働者の目標市場にアピールすることを望む。

他の原則中ライセンス勝者は、ボーダフォンm-Pesa(Vodafone m-Pesa)、アーディティヤビルラNuvo(Aditya Birla Nuvo)、アイデア携帯電話( Idea Cellular)とReliance Industriesを含んでいる。
この前の夏に、Reliance Jio Infocommが、4Gをインドに最初から乗り出させる野心的な計画を持っている。

国の3人の最も大きいオペレータ、および強力な新来者が、概念をバックさせているという事実は、成功の支払い銀行のチャンスを増大させる。

支払いにおけるBharti AirtelはKotakMahindra銀行である。それは今年2月にAMSLの20%の株式を取得した。

オペレータは、既にその時の提供としてAirtel Money・サービスであるけれども支払い銀行ライセンスは、その金融の提供を記入するので、本格的な銀行であるまでに、それによってより近いことを可能にする。