on-the-time.jp

2016-04-12

太陽の前を通過する超音波スピードのT-38C。

観光戦争と平和研究調査

NASAは2016年04月12日に、空軍テストパイロット学校のT-38C(Air Force Test Pilot School T-38C)が太陽の前を通過し、超音波スピードの研究のために、ショックウェーブ(shockwaves)を写真としてつかまれたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

実物大の航空機で超音波フロー現象を飛行中に視覚化するために、NASAが150歳になるドイツ写真撮影テクニック「シュリーレン・イメージ(schlieren imagery)」の現代のバージョンを使用している。

結果は、エンジニアが静かな超音速旅客機をデザインすることを手助けする。

現在の規則は、米国の無制限の陸路超音波フライトを禁止するけれども、位置のクリアな理解および衝撃波の相対的な力は、未来高速商業用航空機をデザインするのに必須であると報告している。

Image Credit: NASA/Ken Ulbrich

Last Updated: April 12, 2016
Editor: Sarah Loff

2015-08-26---150年前の技術が、Supersonic Shock Waves(超音波衝撃波)の純然たる美を演出。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.