on-the-time.jp

2016-04-12

非常に多くの人々が肛門セックス(anal sex)をしている!?

性とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、人々が本当はそれをしたくないかもしれないが、非常に多くの若い人々がアナル・セックス(肛門セックス/anal sex)を試していると相談文書が報告し、政府が心配していると報告した。

本当に、それをしたくないなら、いつかみんなしなくなる!

政府が心配するようなことではない。

[AD] You can advertise on this site.

文化省の役員は、女性のためにそれが楽しくないことを示唆している「研究」にもかかわらず、行為の増大した人気で惑わされる。

警告は、アクセスをオンラインのポルノにさらに限定する計画について、その部門により出された相談文書に含められている。

それは、若い人々が、ポルノを見たことの結果として肛門の性を試し、これがありがたくない開発であると主張する。

相談により、「多くの人々は、それらの本当のセクシャル・ライフ経験が、しばしば同意し、服従的な女性のステロタイプ、および非現実的なシナリオの多義的な描写を特徴とするポルノにおいて、それらまたはそれらの仲間が見るものを映していることを期待するために、若い人々がすると心配する。」と書いている。

「ポルノの『望まれないセックス(unwanted sex)』への効果についての問題もある。例えば、より多くの若い人々は、肛門の交際関係で、ずっと前の研究で魅力的であるが、しばしばそれが若い女性のための楽しい活動と考えられないことを示唆する。」

「肛門セックスの増加がポルノ消費に直接帰されえない間、それは主流ポルノの大きいパーセンテージに主演する。例えば、1回の内容分析が、それがセックス・シーンの56%によって特集されているのを発見した。」

相談により、ポルノへの限定アクセスのため、肛門セックスを試している人々の数が減少できることが示唆される。

役員は、16-18歳の130人によって実行についてのインタビューを照合した衛生と熱帯医学のロンドン学校から2014年イギリス医事ジャーナル書類(2014 British Medical Journal paper from the London School of Hygiene and Tropical Medicine)を引用してそれらの見方をサポートした。

実際、その研究は、どんなに終えられるその「アカウントは、複雑な文脈ほんの1つの要素で、ポルノの入手可能性によって[肛門セックスを試している人々]を明らかにした。」

肛門セックスの政府のネガティブな眺めは、マーガレット・サッチャー行為の存在を認めないために対エイズのキャンペーンの下で給水され、1986年のWHOによって実行反対に呼び戻した。

「危険セックス」において、セクション・キャンペーンで、「もし若いティーンエイジャーがそれを読むことになっているなら、それは巨大な害をすることができるであろう」からごしごしこすられるように頼んでいるメモを送られる新年のサッチャーのキャビネットでリリースされた分によると、新聞言及により、エイズの危険で進めたのが警告される時には、彼女は言った:「私はこの広告の一定の部分に対して残留する。すべての若い人が読み、決して、いて彼らが知らなかった習慣を知る害をする所で注意を向ける。」と言った。

同性愛肛門セックスは1967年まで法律の下でイギリスとウェールズの「男色」として有罪とされた。

人の性生活まで、政府が口を出す!なんと猥褻で、下品なことか!

2015-12-30---マーガレット・サッチャーは1980年代に肛門の性を恐れた。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.