2016-03-30

カップルが死にかけている孫に会えるように、パイロットは飛行機を変更! 

観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年04月12日に、パイロットは、カップルがさようならを死にかけている孫に言うことができるように、マンチェスター空港からのフライトをオーストラリアに向きを変えたと報告した。

パイロットがそれらの孫の条件について話された時に、カップルのEtihad航空会社フライトは滑走路を滑走していた。

[AD] You can advertise on this site.

カップルがさようならをそれらの臨終の孫に言うことができるようにマンチェスター空港で離陸することを準備していた飛行機を引き返させたパイロットは、「本当の驚嘆(truly amazing)」として賞賛された。

ブラッドフォードからの旅行業者ベッキー・スティーブンソン(Becky Stephenson, a travel agent from Bradford)は、それらが少年がひどく病気であったというニュースを受け取った時に、2人の彼女の顧客が、アブダビを経て、オーストラリアに出発することを準備していると言った。

彼女は、「インディペンデント」に、すでにそれらがEtihad航空会社フライトに乗り込み、彼らが、それらの義理の息子から、失敗された呼び出しに気づいた時にそれらの携帯電話のスイッチを切ったと言った。

「彼らが、それらの孫が集中治療にいて、彼らがそこに到着する必要があったと伝えているテキストメッセージを得た時には、それらは滑走路を滑走していた。」と、スティーブンソンさんは言った。

「彼らは、機長とクルーと彼が話したことについて、メッセージを手渡した飛行機を引き返させた。」

スタッフが、カップルの手荷物を得て、空港を通して後ろにそれらを補助し、それらが家にまっすぐに運転できるように、それらの車を収集するように手配する間、パイロットは航空機を乗車ゲートに返した。

それらの孫は翌日、2016年03月31日で死んだ。
その時、乗客がオーストラリアに到着していることは予定された。

スティーブンソンは、名付けられることを望まなかったカップルが、さようならをそれらの孫に言うチャンスを持っていたことをありがたく思うと言った。

「それらはそんなに幸福である。」と、彼女は付け加えた。「それら決して100万年、クルーにこれまでにそれらをすることが期待されている。」

「もし彼らが飛行機を降りることができなかったなら、起こったであろうことを考えると身震いする。」

旅行業者は、Travel MoleのWebサイトに従って、パイロットが「本当の驚嘆」として注釈者に賞賛されたFacebookグループの航空会社に感謝しているポストを書いた。

伝えられるところでは、Etihadは、カップルが、それらが親族を持っているオーストラリアへの未来の旅行のための切符を再生使用することを可能にしている。

航空会社はまだコメントのための「インディペンデント」の要求に反応していなかった。

燃料代がほとんどタダだから、こんなこともできる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE