2016-04-08

「Panama Papers」は、ドラマの中に、取り入れられていく!

政治経済アート

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、米国の政治ドラマ「House of Cards」は、オフショアの資金獲得で、デイビッド・キャメロン(David Cameron)を輪唱していると報告した。

NetflixショーのTwitterアカウントは、フランク・アンダーウッド(Frank Underwood)に見えることのgifによって、午後から税金ツイートでいいかげんに反応する。

率直なアンダーウッドは、「House of Cards」のmachiavellian大統領、と決して、1つのチャンスで彼が減っている時に、人を蹴るのを失敗した。

日和見主義の断片では、その薄いアンチヒーローに値しているNetflixは、その旗艦ショーのためのいくらかのパブリシティを呼び寄せるために、デイビッド・キャメロンの「Panama Papers」を捕えた。

それは、彼が、数日の部分的なステートメントの後にパナマベースのオフショア信託資金から利益を得ていたと認めた後に、より多くのプレッシャーを首相に加え、2、3のかかりをつけられたツイートでキャメロンにアンダーウッドの取り扱いを与えた。

1件のツイートにより、アンダーウッドの最もよい既知のライン。「変力への道は、偽善と死傷者数で舗装される(“The road to power is paved with hypocrisy and casualties)」とリンクのうちの1つが、キャメロンについてのニュース記事に引用される。

ショーは、俳優ケビン・スペイシー(Kevin Spacey)が試合をするアンダーウッドのgifによって支払い税金について,昨年から彼のツイートのうちの1件に反応し、彼のモバイル機器においてタイプする間独特にいいかげんに見えることによって、首相も輪唱した。

その間、用語#resigncameronは、使われた米国内部告発者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)の後で、Twitterにおいて、トピックになった脱税に対するロンドンでの抗議を強調するツイートのそれは、一番上で傾いている。

首相は、オンラインで広くさらし台にさらされ、オフショの資金についての彼の入場に続いている。

大きな事件が起こると、ドラマにすぐに取り込まれる!
イギリスのホームドラマは、生きている!

これからのドラマは、現実の社会と輪唱する!恐ろしいほどのスピードが求められているようでである。

事件が起こると、ドラマの内容も変わる時代になった!
脚本家は、大変!
でも、面白そう!
ロールプレインより、面白いかも!
間違ったら、ドラマの中で修正する!

こんな脚本家が生まれている!