2016-04-08

スマートな人は、決してこの11語の言葉とフレーズを言うべきではない。

言語

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、人々が、いらいらしているのを発見するたくさんの言葉とフレーズがある。

特に、それらは、企業の世界で独占的に使ったと思われる。
「青色の空考察(blue sky thinking)」「不可能に挑戦してください(square the circle)」「配達可能なもの(deliverable)」など

しかし、精神的繭綿からの新しいビデオは強調表示し、最初彼らがポピュラーな用法に入った時に、毎日、現在私達が言う事が、同じ軽蔑によって処理された。

類似なものとして「接触(contact)」、「寄付(donate)」、および均一な「インタビュー(interview)」は、20世紀初期に好ましくないと考えられた。

もし従って、それで、あなたが嘲笑から安全なままでいて、他の人が非常に不快であるとわからない語を使用したいなら、あなたはどんなものをためさなければならなくて、どれを避けなければならないか?

私達は、言語エキスパート、起業家、および均一な「感情指数とリーダーシップ」コンサルタントから、アドバイスのためのWebをこすり取った。ここには決して使うべきではない言葉について「スマートな」人々のコレクションがある。

私は、アインシュタインがスマートではなく、ユダヤに作られたと重ているので、このイラストは違和感を感じる。

1. Need(必要)

2. Must(ねばならない)

3. Can’t(できない)

4. Easy(容易)

5. Just(まさに)

6. Only(ただの)

7. Fast(.速く)

8. You look tired(あなたは疲れているようである)

9. Wow, you’ve lost loads of weight!(ワーオ、あなたは重量の減量を見失った!)

10. Good luck(幸運)

11. You always...(あなた いつもだって)