2016-04-08

ISSは、トラフィックが忙しい!

宇宙

NASAは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)が、マダガスカル、現在ステーションにドッキングした5機の宇宙船のうちの3機の上を飛んだ時に、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)の遠征47フライト・エンジニアのティム・ピーク(Expedition 47 Flight Engineer Tim Peake)は2016年04月06日にこの写真をとって示している。

ステーションクルーは、3週の3番目の再補給乗り物の間に、2016年04月08日に、スケジューリングされた打ち上げを待つ2016年04月10日日曜日に調和モジュールにその到着とインストールに続き、6番目の宇宙船SpaceXドラゴン貨物宇宙船(SpaceX Dragon cargo spacecraft)のドック入りである。

ドラゴンが、6,900ポンド(3,130kg)の科学、クルー供給品、およびハードウェアを運んでくる。最大のもにはBEAM(Bigelow Expandable Activity Module/ビゲロー拡張可能活動モジュール)である。

BEAMは、2年より多くの一連の居住可能性テストのため、その到着の1週後に静穏モジュール(Tranquility module)に取り付けられる。

軌道のATKの白鳥座貨物クラフト(Cygnus cargo craft)は、このイメージの左で見えて2016年03月26日にステーションの単一モジュールの地球直面ポート(the Earth-facing port of the station's Unity module)の場所にボルトで締められた。

SpaceXと軌道ATK宇宙船(Orbital ATK spacecraft)は、それらの間で12の打ち上げをしたけれども、これは、2台の乗り物で、NASAが契約を結び、ステーションを再補給するために、民間産業により開発されて、宇宙ステーションと同時にはじめて接続される。

Image Credit: ESA/NASA

Last Updated: April 9, 2016
Editor: Sarah Loff