2016-04-08

「Panama Papers」が暴く名前に、なぜ米国の著名人が少ない?

犯罪と裁判経済銀行戦争と平和

AFPは、世界各国の要人や著名人らがタックスヘイブン(Tax haven/租税回避地)を利用して資産隠しを行っていた疑惑が表面化した「Panama Papers(パナマ文書)」問題では、ロシアから中国、イギリス、アイスランドまで、多数の政府要人や富豪がこぞって評判を損なうこととなった。

しかし、なぜか米国の著名人たちの名前は挙がっていない。

流出したパナマの法律事務所モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)の内部文書からは、モサック・フォンセカが世界中で数万社に及ぶペーパーカンパニー設立を手掛けていたことが暴露された。真の所有者の身元が秘匿されたこれらのペーパーカンパニーを通じて、脱税を行っていた可能性が指摘されている。

だが、一連の流出文書で目立つのは、米国の大物実業家や政治家たちの名前がまるで出てこないことである。

米国のハリウッド(Hollywood)の重鎮でアサイラム・レコード(Asylum Records)と米国の映画会社ドリームワークスSKG(Dreamworks SKG)の共同創立者として有名なデビッド・ゲフィン(David Geffen)の名前はあるものの、アイスランド首相やロシア大統領プーチン側近に匹敵するほどの人物は、少なくともこれまで公表された中には見当たらない。

この点について、パナマ文書を調査・公表したICIJ(International Consortium of Investigative Journalists/国際調査報道ジャーナリスト連合)のマリーナ・ウォーカー・ゲバラ(Marina Walker Guevara)副代表は、米国人の財務透明性が高いことを意味するわけではない。「米国がオフショアネットワークに一切関わっていないということではない。米国は実際、大きく関与している。」と語る。

まず第一に、「Panama Papers」に米国人の存在感が低い理由としては、資産隠しやオフショア取引をしたい米国民にとって、スペイン語圏のパナマはタックスヘイブンとして魅力的ではない可能性が挙げられる。

米国人にとって、選択肢は他にいくらでもある。

実のところ米国人は、資産を隠したり、匿名で会社を設立するためわざわざ外国に行く必要はない。
国内で可能である。たとえばデラウェア(Delaware)州やワイオミング(Wyoming)州では、わずかUS$数百の資金でペーパーカンパニーを設立できる。

米国財務省(U.S. Department of the Treasury)は、武器・麻薬の密輸業者のマネーロンダリング(資金洗浄)に利用される恐れがあるペーパーカンパニー設立の防止に取り組んでいる。しかし、米国は、租税回避に批判的な英組織「タックス・ジャスティス・ネットワーク(Tax Justice Network)」がまとめた「世界で最も透明性が低い国」ランキングで、パナマをはるかに上回る3位につけているのが現実である。

「Panama Papers」に米国人の名前が少ない理由がもう一つある。

外国の銀行を利用した米国人の高額かつ露骨な脱税を阻止する必要に駆られ、米国政府は近年、租税逃れや資産隠しをほう助する金融機関を標的に、数々の訴訟や容疑者らの逮捕、法律の厳格化を通じて取り締まりを強化してきた。

特に標的にされたのがスイスの銀行であった。スイス金融大手のUBSとクレディ・スイス(Credit Suisse)は、米国市民の資産隠しに協力したとしてそれぞれUS$7億8000万(約850億円)とUS$26億(約2800億円)の罰金を科された。

このため「世界には、米国人顧客を非常に恐れるタックスヘイブンがいくつかある。米国の標的になる可能性があると知っているからだ」と、オフショア金融サービスとタックスヘイブンの役割について分析した書籍「宝島(原題:Treasure Islands)」の著者で政治アナリストのニコラス・シャクソン(Nicholas Shaxson)氏は指摘する。

ともあれ、「Panama Papers」に米国人の名前がほとんど見つからない事実は、陰謀説の根拠にもなっている。ロシアなど他国の不安定化を狙うCIAの画策だと言っている。

一方、大量の取引記録は、「Süddeutsche Zeitung(南ドイツ新聞)」が匿名の情報筋から入手したものをICIJが各国メディアに公開したICIJのウォーカー・ゲバラ(Marina Walker Guevara)は、約1150万点あるパナマ文書はまだ調査の途中であり、大物米国人の名前がこれから出てくる可能性もあると語った。「文書は大量にある。これから発見されるものもあるだろう。調査は進行中である。」と言っている。

2016-04-08---アイスランドの首相は正式辞任し、アルゼンチンでは大統領の捜査開始!
2016-04-07---学生に、『脱税の個人的な経験』を尋ねられたキャメロンの瞬間!
2016-04-07---プーチンは、「Panama Papers」が、ロシアを弱める西側の策略と主張。
2016-04-07---イギリス首相は、租税回避地を認めた。
2016-04-07---「Panama Papers」で、最大市場は中国。
2016-04-07---「Panama Papers」が暴いた租税回避のクモの巣の中心はロンドン。
2016-04-04---デイビッド・キャメロンの父がPanama Papersの投資に参加。
2016-04-04---アイスランドの大統領は、Panama Paperで議会解散を拒否。
2016-04-04---ICIJ、各国首脳や著名人らの租税回避地を発掘!
2015-09-02---緊急援助の最大刑事事件として、銀行エグゼクティブに懲役8年と宣告!
2015-06-04---欧米大手銀、中国高官と癒着の疑いで、米国当局が調査。
2015-05-20---世界の5大銀行は、外国為替市場を処理で罰金US$57億。
2015-04-23---ドイツ銀行、利率操作で罰金US$25億!
2015-03-06---RBSは,以前とその後の損失で£1億支払った。
2015-02-18---銀行の捜索は、まだ終わっていない!
2015-02-10---HSBCスキャンダルは税金取り締まりで、『際だった人戯れ』を示す。
2015-01-19---海外脱税バッシングが、日本でも始まる!
2014-11-12---5つの銀行が、外国為替相場を操作で、罰金US$33億。
2014-11-06---有名企業とルクセンブルクが協定し、大規模な租税回避。
2014-10-31---シティ・グループは、訴訟費用をカバーするため、さらにUS$6億を準備。
2014-10-30---イギリスの銀行バークレーズは通貨調査で賄うために、£5億を準備。
2014-10-26---ヨーロッパの24銀行が、EBAストレス・テストに落第!
2014-10-20---米国の銀行は、罰金を払うために、ボーナスを10年間延期しろ!
2014-08-06---バンク・オブ・アメリカは、米国司法省との取り引きでUS$165億で接近。
2014-08-04---ヨーロッパ最大の銀行の一つHSBCの半年の利益は12%下がった。
2014-07-29---スイスの最大手銀行UBSは、「dark pools」取引システムの米国調査に応答。
2014-07-14---シティ・グループは、危険なサブプライムの抵当調査解決で罰金US$70億払う。
2014-07-09---今度のシティ・グループの罰金は、年間利益の半分US$70億。
2014-07-02---ゴールドマン・サックスに、US$80万の罰金。
2014-07-01---フランスの最大の銀行BNPパリバは、制裁妨害で罰金US$90億。
2014-06-03---フランスは、BNPパリバ'の罰金US$100億は、不合理と言った。
2014-04-25---G-7の国家は、ロシアに対するより多くの制裁に賛成。
2014-03-14---米国の金融調整機関は、主張されたLiborで16の銀行を起訴した。
2014-03-14---UBSのトレーダーは、基本的な香港の利率を装備しようとした。
2014-02-17---アメリカの銀行が設備を取消し、キューバは米国領事館を停止した。
2014-01-31---NY裁判官は、バンク・オブ・アメリカのUS$85億での解決を了承。
2014-01-24---JPモーガン上司ジェイミー・ディモンの支払いはUS$2000万まで上昇。
2014-01-22---中国のエリートに与えられる租税回避地へのレポート。
2013-12-04---世界中の大手銀行は、すべてEU罰金銀行(EU fines banks)。
2013-11-20---JPモルガンは、米国政府当局とUS$130億の最大記録で合意。
2013-11-15---JPモルガンはUS$45億で、抵当解決に同意。
2013-11-04---HSBCの利益は、香港とイギリスによって駆り立てられて、30%急騰。
2013-10-25---JPモーガンは、罰金をUS$51億まで値切った?
2013-10-24---米国の銀行は年末に向けて、また大荒れ!
2013-10-20---JPモーガンは、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよい。
2013-10-16---JPMorganは、CFTCとの合意で、悪事を認め、罰金US$1億支払う。
2013-09-02---ビザは幹部の間違った辞職報告に応答した。
2013-07-18---サイバー攻撃が爆発するとともに、銀行は戦いに備えている。
2013-07-17---バンク・オブ・アメリカの利益は経費削減で急騰。
2013-05-21---アップルは、米国最大の納税者で、米国最大の脱税者。
2013-04-10---ルクセンブルグは、その銀行を包む秘密を緩和。
2013-01-04---スイスで最も古い銀行は、米国脱税の後に倒産した。
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-15---ユーロ圏経済は後退へ倒れる。
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---米国で選挙に注目している間に、株価は1年で最悪に落ちていった。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-30---スイスの銀行UBSは10,000人の仕事をカット!
2012-10-24---バンク・オブ・アメリカは、抵当不正行為のUS$10億で訴えられた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-12---スコットランドの銀行RBS、復活に向けた大改革取引が崩壊!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-28---米国の銀行は、1週間以上サイバーアタックで攻撃されていた。
2012-08-30---Citi Group、サブプライムの問題を解決するためにUS$5億9000万を払った!
2012-08-26---Unicreditは、米国イラン制裁を破壊した?
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-12---銀行バークレーズの議長デービッド・ウォーカー候は変更を約束。
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-21---米国で1年間に銀行が38件倒産した。
2012-07-03---イングランド銀行は、「ダイアモンドをゆっくり動かした。」
2012-06-27---バークレーズ銀行、主要取引先銀行レート詐欺操作で罰金。
2012-06-22---ムーディーズは、大手15銀行を格下げ!
2012-06-03---銀行は改良すべき時期に来た!それは押し進めるに違いない。
2012-04-23---メキシコのモバイル・バンキング・サービスの技術供給者はGemalto。
2012-04-19---シティ・グループ、銀行業務「革命」として、モバイル支援を予告!
2012-02-07---シティ・グループは、中国でクレジットカードを始める承認を得た。
2012-01-12---中国税関の2011年収入、3割増で1兆6142億元!密輸、脱税も増大!
2011-07-15---米国は脱税者徹底的調査で、クレディ・スイスに目標を置いた!
2011-06-07---中国富裕層を狙うCitibankとSCBの争奪戦。
2011-01-16---スイスの元銀行員が、WikiLeaksに極秘情報を手渡すと誓った!
2010-02-02---ドイツが、スイスの銀行で盗まれた税金犯罪者データを買う!?
2009-09-28---国民に恨まれないで、税金を高くする方法。
2009-06-29---スイスの銀行は、アメリカ人投資家を避け始めた。
2004-05-10---シティ・グループは、ワールドコムへ投資による集団訴訟に決着をつけた。