gaYa広告

2016年04月04日

モバイルPoSは、小口トレーダーから前進。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、コペンハーゲンで開催されているMONEY 2020 EUROPEで、iZettleのCEOジェイコブ・デ・ギー(Jacob de Geer, iZettle CEO and founder)は、MPoS(Mobile Point of sale)は、ベンダが上層階級それゆえいわゆるセクタ不生成と関連した『マイクロマーチャント』に十分な収益を感動させて言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

彼は、それゆえどのように過去の5年の間市場が発展したかとして、証拠の数値が公然と引用された会社として入手可能なSquareを指し示した。

「価値チェーンの上で私達すべてが動いている」と、ジェイコブ・デ・ギーが言った。

少なくともそれが、最初2010年にSquareが市場を開始した時であったので、MPoSがそのような個人商人と広く関連するので、iZettleの創立者のコメントは興味深い。

iZettleのライバルも特徴としたMPoSシステムのセッションの間に、Paylevenの創立者でチーフのコンスタンチン・ウォルフ(Konstantin Wolff)は、マイクロマーチャントが一般的に個人、または時折支払いプロセッサのための小さいトラフィック量を生成するトレーダーと考えられるかであると、話していた。

ウォルフがまだ小さいトレーダーのための未来を見ているか、または、少なくとも彼は、快く、誰が小さいユーザーとしてカウントするかを討論する。

「それは、どのようにあなたがマイクロマーチャントを定義するかに依拠している。私達は6ヶ月で資本回収率によって利益を得ることができるユニットレベルにおいて、私達はそれを考え出すことができる。高級品市場のよりよい収益があるけれども、あなたは現職者の領域に動く。」と話した。

セッションの間に疑われた別の神話は、Squareが、表されているそのようなどんなブレークスルーをそれをするかであった。

小さいトレーダーがそれらのモバイル機器に差し込んだことは、Square形ドングルを肖像と広く考えられるけれども、それは、Touchbistroの創立者で、CEOアレックス・バロティ(Alex Barrotti, CEO and founder of Touchbistro)は、食物、および飲み物アプリの正しく、また議論された。

「Squareはカード・リーダーでそれを開始したけれども、それに乗り込むことにになるマイクロを貸す機器ではなく、天才であるマーチャント数週前に2、3日反対で支払いを処理する。」と、アレックス・バロティは主張した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。