gaYa広告

2016年04月06日

ショック!女性の先生と握手することを断ったイスラム教のティーン!

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、それは毎日、その日の終わりにそれらの先生と握手をするスイスの学童のための広範囲に及んだ行為であった。

今やそれは、2人の子供にこの伝統を免除することになった。その子供がイスラム教であり、それらの先生が女性であるので、1つの学校の決定が、ヨーロッパ全体を横切る議論の嵐を起こした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

バーゼルの近く、Therwilの町(the town of Therwil, near Basel)の学校で、2人の生徒は、で、イスラムの教えに逆らうというそれらの確信を引用して、女性の先生の手を振ることからの控除を要求した。

ローカルな学区は、後で、彼らが感じたものを考え出した差別を避けることができた容認できる妥協案であった。
14歳と15歳の生徒は、女性の先生の手をを握ることが要求されない男性であった。

しかし、スイスで、それらについてthe Schweiz am Sonntagで報告された時には、計画は支障に当たり、妥協案についての公的な討論を引き起こした。

「私達は宗教の自由の名においてこれを受け入れることができない。」と、スイスの法務大臣シモネタ・ソマルガ(Swiss Justice Minister Simonetta Sommaruga)はスイスのドイツ語放送局SRFとのインタビューにおいて言った。

「握手は私達の文化の一部である。」

他は合致していた。

「それは今日ののための握手であり、明日に向かうための決意すること?」スイスの議会の教育委員会ヘッドで、反移住スイス国民党と頭のメンバーのフェリックス・ムエリ(Felix Mueri, a member of the anti-immigration Swiss People's Party and head of the Swiss parliament's education commission)は、20分ニュースサイト(20 Minuten news site)とのインタビューにおいて言った。

スイス先生組合(Swiss Teacher's Union)とローカルなTherwil協議会(Therwil council)は、また、計画に対して出た。

しかし、学校自身は議論にもかかわらず決定を防御した。

「私達それが差別の問題に対処するのために、もう、それらは、どのような先生が男性、または女性でも手を握ることを許されない。」と、校長ユルク・ローエナー(Jurg Lauener)がSRFに言った。

ローカルなバーゼル州の当局は決定を転覆できたけれども、そうせず、州教育チーフのモニカ・グシュビンド(canton education chief Monica Gschwind)は、それが一時的で、「実用的な」手段であったことをレポーターに提案する。

状況は、スイスの社会dで、イスラム教の統合の上で最新の議論である。

スイスで、イスラム教徒は、人口の約5%であるために考えられる。

2009年に、スイスの有権者はミナレットの建築を禁止し、昨年、ティチーノの州は、US$10,000で見事に処罰に値する大衆のブルカの着用を法律で承認した。

スイスイスラム教徒コミュニティは、主として、少年が、それらの先生の手を握ることの拒絶によってイスラムの教えを誤解することを提案した。

「学生と両親[に、]私は以下の反射に提案する:手を握ることの否定は相互の敬意で、イスラムの命令より重要であるかもしれないか?」スイスのイスラム組織の同盟の大統領モンタサール・ベン。ムラド博士(Dr. Montassar Ben Mrad, president of Federation of Islamic Organizations in Switzerland)は、ステートメントにおいて言った。

しかし、別のグループは、少年への反発が度が過ぎていることを示唆した。

実のところこの特定のケースが、握手で、彼らが、それらの先生に、違う方法であいさつすることを望むと言ったちょうど2人の高校学生に関係する時には、「ものは、スイスの中心的な価値の続けられた存在が賭けられてあったと思う。」とスイスのイスラム・センター協議会(Islamic Central Council of Switzerland)からのステートメントは言った。

いろいろな国で、または宗教で常識は変わる。
今回のことで、スイスの法務大臣は、下ネタ染まるが(シモネタ・ソマルガ/Swiss Justice Minister Simonetta Sommaruga)という名前であるというのもオロロキである。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。