on-the-time.jp

2016年04月06日

カンボジアのトラが「機能的絶滅」。

自然

AFPは、カンボジアの環境保護当局や動物保護団体WWF(World Wildlife Fund/世界自然保護基金)からの情報として、種の存続が不可能であることを意味する「機能的絶滅」の状態であることを初めて認めたと報告した。

環境保護当局や動物保護団体は、カンボジアに野生のトラを再導入する大胆な行動計画に着手している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

カンボジアWWFのディレクターチヒス・サム・アス(Chhith Sam Ath, Cambodian director of WWF)は声明で「カンボジアには現在、トラが繁殖できるだけの個体数が残っていない。そのため機能的絶滅にあると判断される」と述べた。

WWFによると、カンボジアの森林にはかつて多くのインドシナトラ(Indochinese tiger)が生息していたが、トラとその餌となる動物の両方の大量の密猟により、トラの個体数は激減した。

2007年に同国東部モンドルキリ(Mondulkiri)州に設置された自動撮影カメラが捉えた個体が、カンボジアで最後に目撃されたトラとなった。

その一方、トラの個体数を回復しようと、カンボジア政府は2016年03月に、モンドルキリ州の保護林にトラを再導入する計画を承認した。

当局者によると、トラに最適な生息地を多数つくり、警備の強化で密猟からトラを保護する他、トラの餌となる動物の保護も行うという計画である。

カンボジア森林局の野生生物・生物多様性部門のケオ・オマリス(Keo Omaliss)部長は「最初は雄2頭と雌5〜6頭を再導入したい」と述べ、「大変な仕事だ」と語った。

ケオ・オマリスによると、カンボジア政府がこのプロジェクトに必要な予算はUS$2000万〜5000万(約22億〜55億円)dで、再導入する野生のトラの提供をめぐってインドやタイ、マレーシアなどとの折衝が始まっていると話していると報告した。

しかし、プノンペンの大きな市場に行くと、今でも虎の牙が売っている。
まだまだ、野生種を見ると食えると考えるようである。

野生生物同盟(Wildlife Alliance)のスワンナ・ガントレット(Suwanna Gauntlett)は、「それは、(虎の)弱い法の執行により、絶滅の危機であり、政府は現在反応している。」と言っている。

森林伐採と密漁は、自然の保存のための国際組合からの最近の見積りによってアジア全体で、トラ数を荒廃させ、地球全体で2,154頭まで減った。

トラの生息地域であるバングラデシュ、ブータン、中国、カンボジア、インド、インドネシア、ラオ族、マレーシア、ミャンマー、ネパール、ロシア、タイ、およびベトナムは、2022年までに、2010年の数から倍増させることを計画している。
それについて話し合うため、2016年04月12日-14日にインドのデリーで会議が計画されている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。