2016年03月30日

この自分撮り(selfie)に映った薄気味悪い霊!?

犯罪と裁判アート

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、人々をインターネットでうろたえさせている写真に悪い何か具合がある。

あなたは、 何がそれに、まだあるか?悪いかをわかったか?

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

昔、日本の夏にテレビで話題になった。
あの心霊写真を思い出す。

女性の頭の後ろの窓に映った後ろ姿が、こちらを凝視している…

以前にそれが9gagによって特集された後に、Twitterはイメージを主流メディアの注意にもたらした。

集合的な反応はそれとして適正に要約できた…

1人のユーザーの説明が、写真を取るために使用されたカメラのシャッターであると思った。
いったん向こうと一度カメラに見たら、転がっているシャッターが、女の子の面の写真が2回とられたことを可能にすると主張する。

別の説明は単にAdobe Photoshopの使用であるかもしれない。

嫌な時代だね〜心霊写真までが、Photoshop詐欺!
神も、仏も、Photoshop詐欺!

私の祖祖母は霊媒師だった!
そして、今はPhotoshop詐欺師!

クリアで、科学の結論は、彼女が単にVoldemortの別の再生であるのに対してQuirrell-スタイル。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告