on-the-time.jp

2016年03月30日

政治的なオーストラリアの先住民は、誰か?

政治

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、オーストラリアが侵略されて、それが歴史であると言うことが『政治的に正しくない』として、発狂している政治的な正確さの仲裁人は、見たところ、迅速なお代わり教訓が決めた私達こそが、オーストラリア先住であることが、歴史で必要であると報告した。

シドニーのデイリー・テレグラフ(Sydney's Daily Telegraph)の2016年03月30日のヘッドラインで、「NSW大学の学生は、オーストラリアを、『侵略された』と称するために話した.」、「歴史、社会、命名、文化、および先住オーストラリア英語とトレス海峡島住人の人々の分類に適切な言語使用」のための大学のガイドについて、正確と彼らが考えるものは、まったくクリアであるわけではない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ガイドを独力でちょっと見て、判断すべきである。

あなたは、それのうちのすべてで、それのうちのいくつかまたはそれのどれにも合意してはならない。

または、あなたはどちらの方法でも気にしてはならない。

もし私が、「夢想(Dreamings)」「夢幻時(Dreamtime)」が、より適切であるなどで煩わされえたなら、私は、それと私が争うほとんどのため素晴らしいそこではなく、ここのどちらもではない。

しかし、ホラー、遠隔は警告する--「学生は、オーストラリアを、『侵略されて』の代わりに、公式なオーストラリア史の非常に論争の書き替えの時に落ち着くと称するように命じられている。」

それらは、それらの不ケースを作るのに役立つように、保守的な歴史家キース・ウインドシュッテル(Keith Windschuttle)と、公務の研究所を使用することさえできる。

非常に論争であるか?本当か?Nah(嘘)。

そして、ここで、私達は、ヨーロッパの侵略と没収討論が「白い目隠し布」と「黒い腕章」キャンプの間のオーストラリア国立博物館および偏光させられた歴史家に集中した時に、キース・ウインドシュッテルとIPAは中心的であった「歴史戦争」と警告し、私はまさにそれをしようとしている突然の再点火があったかもしれないと思っていた。

そして上もの?は、彼らが、先住オーストラリア人(Indigenous Australians)と関連する問題について話す前に、ナイーブな大学生が考えることを手助けできるあるガイドであった。

私の精神に、これは良い物であり、相対的な手は、最近、大陸に歴史が与えられて、先住民(Aboriginal)とトレス海峡島の住人(Torres Strait Islander people)人々を分配した。

そして、私達は正しい。

美術館が、どのようにそれがフロンティアの歴史を描くべきであるかについて、および英国の兵士による数万人の先住オーストラリア人の殺人と「移住者」が戦争を植民地のフロンティアに構成していた厳しい議論により裂かれた時に、オーストラリアは主としてジョン・ハワード(John Howard)の主要な聖職の下の時から前進した。

教育的な出発点として、侵略に抵抗した先住の戦士は、確かに、知事を含む多い植民地当局にした。特にラハラン・マックォーリー(Lachlan Macquarie)としてそれを戦争とみなしていた。彼の植民地の先住民は、危険で、殺人者と算出した。

「ネイティブの警察(native police)」という兵士、民兵組織、探検家、坑夫、および30,000の農夫のおかげで保守的な見積りが先住の死を置く間、最近確実学究的研究(recent credible academic research)は、クイーンズランドの数値65,000人を1人で示すのあった。

先住民とトレス海峡島の住人人々に対する暴力はクイーンズランドの中で最も過激であったけれども、保守的で全国的な補外により、別の深く人騒がせな次元は、オーストラリアの悪意を持って、最近歴史に潜在的に追加される。

先住民とトレス海峡島の住人人々およびそれらの物語について書く非先住の人としての私の出発点は、いつも、聞くことであった。

方法物語を聞くことが先住民に自身を教えられて、それらが意味していることを理解し、シェアする方法を尊重するために、彼らがそれらの履歴を見る。

敬意はここの危険な言葉である。

そして、それは政治的に正しいことと関係がない。

首都として、私のためにと先住に始まって尊敬したいが、私は、それらの人々に従って説明してほしくなかった先住民またはトレス海峡島の住人人と一度も会ったことがない。

持ってはならない私は、「侵略」を除いた、1788年の最初の群団と、続き極端な暴力と没収のうちのすべての到着を参照する非常に多くの先住民、およびトレス海峡島の住人人々は、ますます多くの非先住オーストラリア人は言うまでもなく、出会う。

この国のより反動的なジャーナルのページに含む個々の多くの先住オーストラリア人への侵略の日(Invasion Day to many Indigenous Australians)01月26日は、まさに、オーストラリア・デーのお祝いのまわりで、成長討論で、歴史戦争以来議論がどれほど進むかを示す。

そのような変化は、決してもちろん非常に速く発展するはずがない。

「それら[学生]は、また、ジェイムズ・クックを提案するのが不快であると言われる『発見される』オーストラリア」と、テレは私達に言う。

どこから始まるか?

たぶん、自身を先住民とトレス海峡島の住人に尋ねなさい。

または、実に、クックの前で数世紀の間彼らが取引したスラウェシ(Sulawesi )からのマカサンス(Macassans)は、秋1770に彼の努力をボタニー湾(Botany Bay)に固定させた。

オランダ人を含む他は最初の非アジアの接触およびヨーロッパの「発見」についての見方も持つことができる。

UNSWガイドが示唆すると、クックはこの大陸の東の沿岸の地図を作った。

しかし、彼はそれをほとんど発見しなかった。

教育的に、それでクックの人が撃った時には、最初の東の沿岸英国先住接触のその瞬間が、暴力によって示されて、最もわずかな1人のGweagel部族員で傷つけられた。

クックはそれらの鎗とシールドを取った。

略奪品はいつも勝利者に行く、大英博物館の先住のコレクションの一部シールドは、全国的な美術館展示会、遭遇の時に、最近ディスプレイのセンターピースであった。

シールドはそれに著しい穴を持っている。

美術館は、それがランセットからであることを計算する。

しかし、恒久的に戻されたその盗まれたシールドを望んでいるGweagelは、あなたに、それがまわりのマスケット銃からであると言う。

私は、私が誰を信じるかを知っている。

「Botany Bayの歌」

Refrain
Singing too-rall, li-oo-rall, li-ad-di-ty,
Singing too-rall, li-oo-rall, li-ay,
Singing too-rall, li-oo-rall, li-ad-di-ty
Oh we are bound for Botany Bay
Oh we are bound for Botany Bay.
Verse 1
Farewell to Old England forever
Farewell to my old pals as well
Farewell to the well known Old Bailee
Where I once used to be such a swell
Where I once used to be such a swell.
Verse 2
There's the captain as is our commandeer,
There's bo'sun and all the ship's crew
There's first and the second class passengers,
Knows what we poor convicts goes through
Knows what we poor convicts goes through.
Verse 3
'Taint leaving Old England we cares about,
'Taint 'cos we mispells wot we knows
But becos all we light finger'd gentry
Hop's around with a log on our toes.
Hop's around with a log on our toes.
Verse 4
Oh had I the wings of a turtle-dove,
I''d soar on my pinions so high,
Slap bang to the arms of my Polly love,
And in her sweet presence I'd die
And in her sweet presence I'd die.
Verse 5
Now all my young Dookies and Duchesses,
Take warning from what I've to say,
Mind all is your own as you touch-es-es,
Or you'll find us in Botany Bay,
Or you'll find us in Botany Bay.

ボタニー湾(Botany Bay)のGoogle Earthポインター情報
33°59'34.93"S,151°10'31.00"E
または、
-33.993036, 151.175278

1770-04-29---ジェームス・クックのエンデバー号がボタニー湾に入港した。
2013-08-23---900年前のアフリカ硬貨で明らかになったオーストラリア史。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。