gaYa広告

2016年03月21日

オレンジのEcobankは、それらの地平線を拡張!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ユーザーが銀行預金口座から資金をモバイルの財布に転送することを可能にし、逆もまた同様より多くの市場に到着するサービス全アフリカの銀行グループである「エコバンク(Ecobank)」は、アフリカのまわりの広い存在を持つトーゴ(Togo)ベースのグループである。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

フランスのオレンジ(Orange)とEcobankは、2015年01月にマリ(Mali)で開始し、続いて2015年08月にカメルーン(Cameroon)、コートジボアール(Ivory Coast)、ギニアコナクリ(Guinea Conakry)とニジェール(Niger)と続いている。

、オレンジ・マネー、モバイル支払いとコンタクトレスのディレクターであるティエリー・ミレー(Thierry Millet, director of Orange Money, Mobile Payment and Contactless)は、オレンジ・マネーとEcobankアカウントの間で毎日€1億1000万が転送されたと言った。

「この使いやすいシステムは、すでに銀行預金口座を持っている顧客の要求を満たし、銀行操作を実行するために、それらが国で、それがある所どこでも、それらの携帯電話を使用したい。」と、ティエリー・ミレーは言った。

それだけでなくで、資金転送サービスは、ユーザーが、それらの銀行預金口座バランス、およびそれらの送受器のSMSを経たミニステートメントをて、見ることを可能にする。

2015-06-17---Ecobankは、マスターカードのmPoSをアフリカで初公開。
2015-02-05---オレンジはアフリカの銀行Ecobankの振替サービスを初公開。
2013-10-02---Bharti、モバイル・マネーで、アフリカのエコバンクと提携。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。