on-the-time.jp

2016年03月21日

TelenorはパキスタンのTameerミクロファイナンス銀行のレストを買う。

モバイル・マネー

いよいよモバイル・マネー会社が銀行を買収し始めた。
モバイル・マネー会社にとって、銀行を買収は大きな進化である。

特に、発展途上国で激しくなることだろう。

Mobile World Liveは、TelenorパキスタンがTameerミクロファイナンス銀行(Tameer Microfinance Bank)の株式49%を取得したこととは、すでにそれが所有していないこと、国のモバイル金融市場についての2つの会社の成功の合図になっていると報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

オペレータと銀行は、パキスタンの金融サービスセクタの重要なプレーヤーとして、Easypaisaと呼ばれるサービスを開発した。

金融サービス、Telenorグループのヘッドであるタイン・ウォーレベッケ(Tine Wollebekk, Head of Financial Services, Telenor Group)は、「この獲得は、国の未貯金であった人口に広いスケールの金融サービスを提供するために、私達にいっそう強いプラットフォームを与える。それは、パキスタンのデジタル化している金融サービスにおいて私達のリーダーシップポジションも強化する。」と言った。

銀行は、Telenorグループ内で。ほとんど所有されているエンティティになる。

買収は人員変化に関係する。
創設者ナデム・フセイン(Founder Nadeem Hussain)は取締役会メンバーとして、滞在しているけれども、銀行の社長兼CEOは降りる。

彼はアリ・チャンダリー(Ali Chaudhry)に取り替えられる。変化にはパキスタン銀行から承認が必要で、承認の日付から効果がではじめる。

「これらのような変遷は、いつも、複雑な感情の瞬間である。もちろん、私は、少量それが愛情の長い仕事および10年の革新を表して、Tameerを残すので、悲しいでいるけれども、その発展においてそれが次のステップに前進するので、私はむしろ興奮している。」と、フセインは言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告