2016年03月20日

紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していた。

超過去

AFPは2016年03月21日に、アイルランドの洞窟で発見されたクマの骨を分析した結果、これまで考えられていたより2500年早い紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していたことが分かったと、研究者らが2016年03月20日に、明らかにした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

これまで数十年にわたり、アイルランドに人間が住み始めたのは紀元前8000年頃とされてきたが、クマの膝の骨を放射性炭素年代測定で分析したところ、約1万2500年前の紀元前約1万500年頃、人間によって解体されたことが判明したという。

スライゴ工科大学(Institute of Technology Sligo)の考古学者マリオン・ダウド(Marion Dowd)は、「この発見は、アイルランドにおける人間の歴史に新たな一章を付け加える」と述べた。

膝の骨は、1903年にアイルランド西岸のクレア州(County Clare)にある洞窟で発見された数千個の骨の一部で、調査の結果、アイルランドで旧石器(Palaeolithic)時代に人間が活動していたことが分かった。科学者らはそれまで、その後の中石器(Mesolithic)時代からのみ、人間が活動していた証拠があるとしていた。

今回の研究結果は、学術誌「Quaternary Science Reviews」に発表された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告