2016-03-15

パリ攻撃から逃げたゲイのISIS戦闘員は、ブリュッセルの警察に撃たれて、負傷!

宗教犯罪と裁判性とメディア麻薬とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年03月18日に、パリ攻撃容疑者26歳のベルギー人サラーレフ・アブデスラム(Salah Abdeslam)は、ブリュッセル反テロ急襲において撃たれて、傷つけられたと報告した。

2015年11月にフランスの首都パリで130人の人々を殺した攻撃を支援した疑いで、、4人の警察官が傷つけられた2016年03月15日火曜日に森林のブリュッセル地区での急襲に続いて、伝えられるところでは傷つけられたけれども、彼は生きている。

[AD] You can advertise on this site.

フランスおよびベルギーのメディアリポートによれば、警察は、彼らが彼のDNAだけでなく、サラーレフ・アブデスラムの指紋をグラスで見つけたと確認した。

アイルランドのテレビチャンネルRTEからのトニー・コネリー(Tony Connelly, from Irish TV channel RTE)は、、脱出するサラーレフ・アブデスラムの時間を許すために、「捧げられる自身(sacrificed himself)」という火曜日の急襲において殺された銃撃犯のうちの詳細を要求している匿名ベルギー警察ソースを引用した。

サラーレフ・アブデスラムはそれらのうちの1つであったかもしれず、けれども、火曜日の急襲を免れた人と、彼が一緒であったかどうかにかかわらず捜査員は確認しなかった。

IS(Islamic State/イスラム国家)、「同性愛者」を屋上から落とし、それでも生きていると、死ぬまで投石すると言われていたので、サラーレフ・アブデスラムにとっては、逃げ場がなかった!

そんな環境を作ったのは、誰だ!その方が人権問題である。

2016-03-12---ISの闘士と結婚した後、Raqqa妻。
2016-01-09---シリアのISISに参加し、ISISを脱出するのに4年!それは「地獄」の旅。
2016-01-05---Raqqaで最初の女性の市民ジャーナリストを処刑。
2015-12-07---テロリスト実行犯ら遺体処理問題。
2015-11-23---EU本部があるブリュッセル一斉摘発で16人拘束。
2015-11-22---パリ同時多発テロの逃亡者は、ゲイバー、麻薬、プレイステーションを愛した。
2015-11-21---「差し迫った脅威」で、ブリュッセルの地下鉄の全駅閉鎖。
2015-11-19---パリ攻撃の中心人物Abdelhamid Abaaoudは死んだと確認。
2015-11-18---パリ郊外で襲撃事件!首謀者の所在なお確認できず
2015-07-22---ISに捕まった女の子は、『ほとんど誰もが強姦された』
2015-07-14---ISからの大脱走!
2015-07-07---シリアで、3か月間ISに加わったフランス人女性。
2015-03-04---ISの戦闘員が、ゲイの人を投げ、それでも生きていると、死ぬまで投石!
2014-12-09---IS(Islamic State/イスラム国家)、「同性愛者」を屋上から落とし、殺害。
2014-09-14---ブリュッセルのユダヤ博物館を再開。
2014-05-24---ブリュッセルのユダヤ博物館が、銃撃された!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE