2016-03-15

遺伝子操作で「先祖返り」、恐竜の脚持つニワトリ胚を作成。

超過去自然

AFPは2016年03月16日に、遺伝子操作によって、恐竜のような脚を形成するニワトリの胚を作成したとする研究が今月、学術誌エボリューション(Evolution)に掲載されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

獣脚類の恐竜から鳥類への進化の接点に焦点を当てる研究の一環で開発された。

Evolution
Volume 70, Issue 3, pages 543–554, March 2016
Molecular development of fibular reduction in birds and its evolution from dinosaurs

João Francisco Botelho1,
Daniel Smith-Paredes1,
Sergio Soto-Acuña1,2,
Jingmai O'Connor3,
Verónica Palma4 and
Alexander O. Vargas1
Article first published online: 4 MAR 2016

DOI: 10.1111/evo.12882

この研究を行ったチリ大学(University of Chile)の研究者6人のうちの1人アレクサンダー・バルガス(Alexander Vargas)は2016年03月15日に、AFPの取材に対し「ニワトリの胚における脚の初期の成熟を阻害すると、ニワトリの脚の形が恐竜の形に先祖返りする」と説明し、「結果として、恐竜の脚を持ったニワトリの胚ができた」と語った。

獣脚類の恐竜は当初肉食だったものの、やがて進化して植物や昆虫を食べるようになった。

鳥類は、1億4500万年以上前のジュラ紀に、小型の獣脚類から進化した。

研究チームは、鳥類が恐竜のような腓骨を持っていた時期を突き止めようと考え、人間を含むあらゆる動物に共通する遺伝子「Indian Hedgehog Homolog」を操作し、初期段階の発達を遅らせたところ、ニワトリの腓骨がかつて恐竜が持っていた管状の形に変化したという。

アレクサンダー・バルガスは同研究について、鳥類と恐竜との間のつながりに光をあてるだけでなく、進化における遺伝子変化の役割についても明らかにするものだと語った。

また、成熟過程の初期に介入することで、進化の途上において骨が保持していた特徴を再生することができるという仮説を確認することができたと、同論文は述べていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.