2016年03月15日

UNHCRトップが、シリア難民40万人受け入れを国際社会に要請。

戦争と平和

AFPは2016年03月16日に、シリア内戦の発生から5年となった2016年03月15日に、UNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees/国連難民高等弁務官事務所)のトップを務めるフィリッポ・グランディ(Filippo Grandi)高等弁務官は、各国にシリア難民40万人を追加で受け入れるよう要請する方針を示した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

高等弁務官に就任後初めて米首都ワシントン(Washington D.C.)を訪問したフィリッポ・グランディは、危機を終わらせるために国際社会はもっと行動しなければならないと呼び掛けた。

グランディ高等弁務官は「私は3月30日にジュネーブ(Geneva)で会合を主催するが、その場で国際社会に対し、すべてのシリア難民の10%を受け入れるよう要請する」と報道陣に語り、「10%は相当な人数だ。40万人以上になる」と付け加えた。

内戦発生以降、シリア人400万人以上が戦火を逃れて国外へ脱出した。また、シリアの国内避難民は600万人以上に上っている。

シリアと国境を接するトルコやレバノン、ヨルダンは大量の国外脱出者たちへの対応に苦慮している。また、多数の難民受け入れに乗り出したカナダとドイツが称賛される一方、米国などそれ以外の国々に対しては非難の声が上がっている。

ただし、シリア難民がすべてではない。
例えば、ロヒンギャをフィリッポ・グランディは切り捨てるというのか?
モザンビークは、どうするのだ!

目の前のことだけで騒ぐのは良くない!

発想が短絡的すぎる。

また、米国の作戦が、これまでに多くの死者と難民を生んだということを理解すべきである。

2016-03-12---艾未未、ギリシャの難民キャンプでピアノ演奏会を企画開催。
2016-03-04---2015年のEU圏に到着した難民申請者は、過去最多の125万人!
2016-03-03---EU大統領、「経済移民は欧州に来るな!」と警告。
2016-02-25---IOM事務局長、日本などに難民受け入れを求める。
2016-02-22---米国とロシアは、シリアの交戦状態を終えることに、国連で合意。
2016-01-28---艾未未、デンマークの美術展を中止!
2016-01-25---イスラム教徒とキリスト教徒の長い殺し合いの歴史。
2016-01-23---これでは、日本も、もうそろそろ世界中から袋だたき!?

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告