on-the-time.jp

2016年03月15日

iPhone 7の漏洩された写真。

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、iPhone 7の漏洩された写真は、新しいアップル送受器の後ろであると主張する。

写真で示された送受器は、主として既存のiPhone 6および6s.と同様に見えるけれども、それは、電話の後ろもアンテナラインを失い、新しいカメラになっていたと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

それらは以前に正確であった源泉から来たけれども、写真の真正性は確認できない。

しかし、実際、写真が電話を示すかどうかにかかわらず、それらは新しい送受器について。前の噂の多くによって適合している。
それは同様なデザインを保持するけれども、既存のカメラとアンテナラインを廃止した。

写真は、iPhone 7にデビューすると噂された新しいデュアルカメラシステムを示すようではない。

しかし、それが来るだけであるので、それはiPhoneにであるかもしれない--または、同じより大きいサイズの別個のバージョンをiPhone 7 Proiと呼んだ。

図面はiPhone7についての持続的な噂のうちの1つを立証するようである。それは送受器の底からヘッドホーンジャックを落とし、代わりに、早いポートまたはブルートゥースを使うことを人々に要求する。

そこで、送受器の底は、確かに言うために十分にはっきりと描かれないけれども、送受器ヘッドホーンジャックが適合している少しのスペースもない。

写真を共有したサイトは、漏洩者が、その電話をますます小さくするために会社の目的によって適合しているiPhone 6s.より新しい電話が少し薄いことを提案するとも主張した。

そして、ヘッドホーンジャックを落とすことの理由の一部であるように考えられる。

技術の図面は、うわさによれば、電話を作ることによって負担をかけられた工場から来て、フランスのサイトNowhere Elseによって共有された。

9月までiPhone 7がリリースされることは期待されない。
アップルは最初、そのiPhone SEを初公開する。
また、来週イベントでスタートされることが広く期待されている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。