on-the-time.jp

2016年03月14日

アンカラ爆撃で、Facebookは安全チェック機能「Safety Check」をつけた。

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、アンカラ爆撃で、Facebookは、それがパリ銃撃の代わりをしたけれども、プロフィール写真を変更するオプションを追加しないで、安全チェック機能「Safety Check」をつけた。

サイトは、現在、誰でもカスタムで、一時的なプロフィール写真を追加することを可能にする選択肢を持っていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Facebookは、パリでそれらなどの他のテロ攻撃のために、それをしたにもかかわらず、アンカラ爆撃を支持して、そのユーザーがそれらのプロフィール写真を変更することを手助けしない。

多くは、トルコのそれらの上のフランスまたはUKのような国でのテロリスト攻撃を見積もるようであることについて爆撃への国際的な反応を批判した。

そして、Facebookは、ユーザーに、犠牲者を支持して、それらのプロフィール写真を交換するオプションを与えない。

サイトは、一時的に人々がそれらのプロフィール写真を変更することを可能にするツールを提供し、まわりでそれが付くという時間を設定する。その機能は、ポピュラーなパリおよび同じ性の結婚フィルタの航跡において導入された。

そのツールは、iPhoneまたは写真がアップロードされるアンドロイドapp.時から写真をアップロードすることによって使われて、ユーザーは、「一時的に可能な」オプションをたたき、いつそれが期限切れになるかを選ぶことができる。

Facebookは、どの悲劇で、それのために機能がつけられるかについて選択的であることについて、受領に支えられた批判の後に、爆撃の航跡でその安全チェック機能もつけた。しかし、それは、まさに数時間前に起こったコートジボアールでの攻撃のためのそのツールのスイッチを入れなかった。

シェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg)は、アンカラの人々のためにツールのスイッチが入れられたと確認しているアップデートを送った。

「アンカラの恐ろしい爆撃のためくすんでいる」と彼女は書いた。「私達は、あなたが、エリアにいるかもしれない友人とファミリーをチェックできるように、安全チェックのスイッチを入れた。または、自身 金庫 をマークしなさい。私は、この暴力に巻き込まれた誰についても考えている。それは答えではない。」

しかし、コートジボアールの暴力により影響されたそれらからの、その同じポストで、引き付けられたコメントで怒った。

「あなたも、コートジボアールのグランバサン(Grand Bassam in Ivory Coast)での攻撃に巻き込まれたそれらのためにそのスイッチを入れるか?」1人のユーザー、レオナ・フランク(Leona Frank)が「私は、知っていること、もし私の友人が、ファミリーが安全であるを望み、ちょうど西のライフが影響を与えられそうな時ではなく、どこの世界、何か起こるかである。」と書いた。

このような機能に人種差別は、非常識である。
世界中の事件を監視するスタッフが、管理すべきである。

2016-03-14---アンカラ爆発は、最低34人の人々を殺し、125を傷つけた。
2015-11-15---Facebookのダブルスタンダード!?
2015-11-14---Facebook、パリ同時多発テロで、安否確認機能をはじめて導入。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。