on-the-time.jp

2016年03月14日

世界の家事労働者、90%が社会保障なし!

経済健康教育

AFPは、ILO(International Labour Organization国際労働機関)が2016年03月14日に発表したした報告書「Social protection for domestic workers: Key policy trends and statistics」で、世界に6,700万人いる家事労働者(domestic workers)の約90%が社会保障による保護を受けておらず、中でも移民労働者はとりわけ弱い立場に置かれているとする発表したと報告した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

ILOは今回新たに発表した報告書で、家事労働は多くの場合「軽んじられ保護されていない」と述べ、「年老いたり、けがをしたりした家事労働者は、年金や適切な所得補助もないまま解雇されている。」と指摘している。また同報告書によれば世界の家事労働者の80%は女性だという。

特に現在、ヨーロッパに大量に流入している人々も含め、家事労働職を探す移民の労働に対する保護は極めてまれで、ILOによれば、家事労働者の社会保険加入を法的に義務付けている一部の国でも、移民は明確に適用外とされている。

家事労働者の社会保障を確保するのが難しい理由として、ILOは、家事労働者の入れ替わりが激しいことや、正式でない契約の下で複数の雇用主に雇われる例が多いことなどを挙げている。ILO上級エコノミストのファビオ・デュランバルベルデ(Fabio Duran-Valverde)は「どこの家事労働者にとっても有効な単一の保護モデルは存在しない。しかし、どんな制度の下でも適切で効果的な保障を実現するためには(任意加入ではなく)強制加入が不可欠な要素である。」と述べたと伝えている。

2016-03-12---切断手術を受けた人は、『もう休業給付者として適格ではない。』と言われた。
2015-11-29---より多くの女性を政府に入れる時に起こること!
2014-06-19---現代の奴隷制度ビジネスと格闘するテクノロジー。
2013-05-15---ウォルマートは、独自にバングラデシュ安全計画を概説。
2013-01-22---国連労働機関、世界の失業数上昇。
2012-06-14---スー・チーはジュネーブの国連で、労働者の権利について訴えた!
2006-03-15---タイやフィリピンに帰国した人たちの法的サポート。
1962-06-26---日本は週休2日の勧告案を棄権し、拒否した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。