on-the-time.jp

2016年03月14日

フランスの10代では、少年より多数の少女が、ISに魅せられる。

性とメディア戦争と平和経済政治宗教

AFPは,フランスでは、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」に魅力を感じてイラクやシリアに渡ろうと考える10代若者の過半数が少女で、少年よりも多い傾向があると、フランス政府の反テロ対策を担当する高官が前週、匿名でAFPに明らかにしたと報告した。

この情報筋によると、ISに加わるため、イラクやシリアに渡航する計画に興味を持ったり、既に渡航したりした未成年のうち、少女が55%を占めていると伝えている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

シリアへの渡航を夢見る少女たちは、いわゆる「ジハーディスト(イスラム聖戦士)の花嫁」になりたいと願っているだけではない。

彼女たちを待ち受ける運命はIS戦闘員との結婚である可能性が高いとはいえ、少女たちも少年たち同様にISの暴力行為に魅せられているのだと、社会学者のファラド・コスロカバル(Farhad Khosrokhavar)は指摘する。

過激思想に染まったフランスの少年少女たちへの聞き取り調査を数多く行ってきたコスロカバルは、「以前なら暴力行為は、ほぼ男子のみに特徴的な現象だった。だが、この世代は異なる様相を呈している。」と、AFPの取材で語った。

コスロカバルが話を聞いた少女たちの多くが「理想とする人物はクアシだ」と述べたという。

クアシとは、昨年1月にパリ(Paris)の風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社を襲撃して12人を殺害した兄弟、シェリフ・クアシ(Cherif Kouachi)容疑者とサイド・クアシ(Said Kouachi)容疑者のことである。

「少女たちがなりたがっているのは、クアシの妻や恋人ではない。クアシ本人なのだ」と、コスロカバルは話している。

コスロカバルによると、こうした少女たちは身近にいる西洋社会の「未熟な若い男の子たち」に飽き飽きしているのだという。

「そこには、男らしさに関する新しいカルト的なヒロイズム(英雄崇拝主義)がある。10代の少女たちにとって、イスラム過激派の若い戦闘員たちが男らしさの理想となっている。」と伝えている。

「これは男性上位主義的なポストフェミニズムの一種であり、つまり、彼女たちは伝統的な男らしさを美徳とする男性を求めているのだ」とコスロカバルは話した。

これは、ローマ時代にアルプスを越えて攻撃してきたババリアンにローマの貴婦人が犯され、そのうちにその貴婦人たちが、弱々しく太ったローマ人より、荒々しく、身が引き締まったババリアンを憧れ、ローマの貴婦人が窓辺でババリアンの襲撃を楽しみになったのと似ているのかもしれない。

そのようなババリアンを憧れた詩は、ローマに多く残っている。

また、このような傾向を変えることは、本能にも影響し、非常に難しいかもしれない
ローマ帝国が崩壊し、東ローマ帝国が成立した。

根本的には、平等と教育による修正しかないかもしれない。

フランスには、サッカーの時短を含め、膨大な数のイスラム教徒が住み着いている。
彼らが、差別化されてきたことが、今になって噴出してきている。

2016-03-12---ISの闘士と結婚した後、Raqqa妻。
2016-01-11---珍奇な歴史時間を逆流し、世界中で起こっている仮定の戦いを分析!
2015-02-27---IS戦闘員の家族が話す。
2015-02-22---イギリスの少女3人を誘惑したのは、アクサ・アーモッド?
2015-02-21---ISにおびき出される残忍性を楽しむ若い女の子。
2015-02-20---ロンドンから消えた3人のティーンエイジャーの少女。
2015-02-18---IS Raqqaの妻は、闘士と結婚した後に『残忍な』性的暴力に服従していた。
2015-02-15---ISが武器として、レイプ利用をやめさせるために、いくらかかるか?
2015-01-12---ナイジェリアで少女の自爆相次ぐが、ボコ・ハラムの強制か!?
2015-01-12---Charlie Hebdoの虐殺容疑者で指名手配の女性は、シリアで生きている。
2014-12-03---サウジアラビアはなぜ、武器としてオイルを使っているか?
2014-11-08---女性は男性のように、人を殺すことができるか?
2014-10-11---外国の戦士概算15,000人が、シリアに流れ込む!
2014-09-24---イラクの忘れられた人々、Yazidi怒り。
2014-08-15---トルコのクルド人の女性は独立から、ソーシャル国家に向かった。
2014-07-28---イエメンの「交換結婚(swap marriage)」は、ときどき悲劇を生む。
2014-05-29---ニジェールで、幼い花嫁のための大金。
2014-05-14---これは、世界一幸運か?それとも不幸か?また、何がポピュラーか?なぜだ!
2013-10-31---技術はどのようにインドの結婚を変更しているか!?
2013-07-26---イエメンの幼い花嫁、オンライン苦境嘆願ビデオ。世界中で大爆発!
2012-05-25---虐げられた幼い花嫁から、大富豪になったインドの女性!
2011-09-25---スペインのカタロニアで禁止され、バルセロナの闘牛が終了!
2010-04-02---イエメンの強制結婚制度で、13歳少女が性交時の出血で死亡。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。