on-the-time.jp

2016年03月08日

マスターカードチーフの物理的支払いに、ライバルのPayPalが追い上げる。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、国際的な市場のマスターカードの社長アン・ケアンズ(Ann Cairns, MasterCard’s president of international markets)へのインタビューで、コンタクトレスの支払いは膨大な市場であるかもしれないけれども、PayPalは、ころによると、追いつく区域を持っていると言ったと報告した。

PoS(point-of-sale/販売時点)のトランザクションのため、PayPalはボーダフォンと、NFC-ベースのパートナーシップのの最近発表した。それを、マスターカードを含むクレジットカード会社へのオールラウンドな脅威を多くする。

「支払いスペースは非常に大きい。消費者支払いのほんの15%は実際、ちょうど今電子である。
それは、85%がまだ世界中の現金であるのを意味している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

それが巨大なスペースであり、あなたが、たくさんの種々のプレーヤーにそのスペースを占めさせておこうとしているので、アン・ケアンズは反応した。

ビザを含むマスターカードとライバルは、物質的な支払いにおいて、背景を持っているけれども、近年、PayPalのドメインであるオンライン市場に動いた。後者は逆方向にその動きをプロットしている。

モバイル世界議会(Mobile World Congress)で、PayPalは、ヨーロッパ のためにボーダフォンとモバイル支払いのためのNFCテクノロジー・サポートとパートナーシップをコンタクトレスで発表した。

アン・ケアンズは、「物質的であるように行く、PayPalのような誰かのために私が考えることを与えられて、すでに私達が世界中の3700万人のマーチャントに接続しているので、マスターカードデジタル化のような誰かと対比されるように、まったく難しい。」と、ケアンズは言った。

クレジットカード会社は、モバイル・マネーの到来で、波風がどんどん荒れ始めている。
大手の足元が、掬われている。
掬っているのは、デジタル・マネー会社と携帯電話事業者であり、この両者は発展途上国に入っていけるが、クレジットカード会社の手数料は、拒否されている。

つまり、先進国では、クレジットカード会社が足元が、掬われているので、クレジットカード会社の収益だけが減っている。

2016-03-03---ボーダフォンチーフは物質的な財布の転落を予測。
2016-02-22---PayPalはNFCの考えを変更。
2016-02-22---モバイルは、取引手数料をならすパワーを持っている。
2016-02-18---PayPalはモバイルAppをオーバーホールする。
2016-02-15---ボーダフォンは、ヨーロッパの非接触同盟に、PayPalセット。
2016-01-28---PayPalは未来の成長をモバイル支払いに期待。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。