2016-02-24

恋人が、キュウリを彼女の口から取り去ることを忘れた後に、女性は死んだ!

犯罪と裁判

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、申し立てによるとキュウリによって彼の恋人を殺したドイツ人は、現在懲役最高5年に直面していると報告した。

デーリーメール(Daily Mail)が報告したところによれば、2人が、セックスおもちゃを使った後にオリバー・ディートマン(Oliver Dietmann)が野菜を彼女の口と性器に入れた後に、リカ・バルナ(Rica Varna)は死んだ。

ただし、ほとんどのニュース・ソースは、ドイツのタブロイド紙「ビルト(Bild)」は、のようである。

怠慢な殺人で裁判にかけられてている46歳のオリバー・ディートマンは、2014年07月19日に、それらがボトル4本のワインと、数杯のシュナップスを飲んだ後、彼が46歳のリカ・バルナを招いたと、マンハイムの法廷(Mannheimer Amtsgericht/the court in Mannheim)で話した。

オリバー・ディートマンは、キュウリを彼女の口に入れたと認めた。「けれども突然、私が、キッチンから煙が来るとわかった。私は、私が肉の断片を私の犬のためのストーブに置いたことを忘れていた。」と、彼が証言した。

「私はキッチンに走り、私の犬にそれを与えて、それから、タバコを吸うために、バルコニーに行った。」

彼が寝室に戻った時に、バルナは無意識であった。

「私は彼女の口からキュウリ断片を取り出そうとした。」と、彼は、それらがかゆ状であったと付け加えて言った。

医学のエキスパートは、キュウリが彼女の呼吸から切り離された後にバルナが昏睡に陥ると言った。

「被告は、そんなに長い間、彼女を置いていくべきではなかったと知っていたにちがいない。」と、検察ラインハルトホフマン(Reinhard Hoffmann)は言った。

ここで、それを知っていたかどうかは、大きな問題である。

また、日本で知っているキュウリと違い、ドイツのキュウリは太さ5cm以上、長さ30cm以上もある。

ただし、事故死だろう。

2014-06-23---アメリカの交換学生、ドイツで膣の彫刻から出られなくなった。
2014-02-02---カップルは、セックス中に共に、動けなくなることがあるか?

Related Dates