2016-02-24

アメリカ人の45%は連邦所得税を全然支払わない。

政治経済

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、多くのアメリカ人は今年、アンクル・サム(Uncle Sam)に、それらの所得税のために、それらの苦労して儲けた現金の一部を与えることについて悩む必要がないと報告した。

無所属のワシントンベースの研究グループ税金ポリシー・センター(Tax Policy Center)からの2015年のための税金データによると、アメリカの家庭で約45.3%の約7750万人は、連邦の個人所得税金を全然支払わない。しかし、必ずしも、彼らがそれらの州所得税に借金しないのを意味していないことに注意する必要がある。

休職給が課税の収入を全然持っていないことにより、連邦の無所得税および消去するために、他が十分な税制優遇措置を約半分で得る。それらの税金責任は、税金ポリシー・センターでシニアの仲間のロバートン・ウィリアムズ(Roberton Williams)が説明する。

所得税の方法でほとんど支払っていない豊かな民族が、多くのヘッドラインを作るという事実にもかかわらず、これは規則に例外である。納税者の一番上の1%は、より高いどのような他のグループより効果的な所得税レート約23%を支払う。2014年に税金方針センターによりリリースされたリポートによると、底のそれらより約7倍高く、50%になる。

平均において、収入スペクトルの40%は、 底のそれらが、政府からお金を得ることを最終的にする。その間、アメリカ人の最も豊かな20%は、たいへん、アンクル・サムにより徴収されたすべての所得税の約87%より多くを突いて所得税の最も多くを支払う。

US$210万より多くの平均的な収入を持っているアメリカ人の一番上の1%は、米国のすべての連邦の個人所得税金の43.6%を支払う。一番上の0.1%は。平均的な収入が940万ドルより多くであるちょうど115000の家庭が、それの20%より多くを支払う。

それが、おまけに広げられて、支払うすべての連邦の税金は、個人所得、給与支払台帳、物品税、法人所得、および遺産税の配布に来る。これはそれゆえ ほとんど 部分的にあり、誰もが物品税を支払う。それは、ガソリン、アルコール、およびタバコについての税金を含むと報告した。

どうも、日本の税制は間違っているようである。

バカな麻生太郎副総裁には理解できないかもしれないが、個人の税金は金持ち以外は支払わなくても良い時代が来ているので、頭のいい人が、根本的な税制改革が必要で、修正する時代である。

もし、自民党が本格的な改革を実施すれば、当分政権は安定する。

今のように、なんでもすぐに、個人の税金に依存する時代は、古すぎる!

私の知人は、バカな麻生太郎を憎んで、大動脈瘤破裂で即死した。

吉田邸火災も、そんな人の放火かもしれない。

2016-01-30---スイスは世界で初めて、1ヶ月あたり全国民に£1,700を保証する国になる!?
2016-01-20---これが、世界で一番良い国!
2016-01-20---不均衡は、生きるために不可避の事実であるか?
2016-01-18---現在、ちょうど62人が、世界中の富の半分を所有している。
2015-12-26---オランダの都市は、『基本的な収入』を市民に支払う。
2009-03-22---旧吉田茂邸全焼