gaYa広告

2016年02月23日

ビーチで、サメとポーズをとったこの男は何をしているのだ!

自然

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、衝撃的な映像は、男がサメを海から引きずり出してポーズをとり、周囲で多く写真を撮っていると報告した。

WPTVニュースアンカーであるアシュレイグ・ウォルターズ(WPTV news anchor Ashleigh Walters)により撮られたビデオをFacebookにアップロードした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ビーチを通る人に海洋からサメを引き抜き、その尾部を持って、近くで砂の上を引きずる。

サメが絶望的に後ろの水に進もうとするのが見られるけれども、人はそれに取り組む、いくつかの見物人が笑い、写真をとるために集まる間、それをつかんで投げた。

ウォルターズはビデオに表題「Shark capture, release on Palm Beach, Shark was put farther into water after end of video. It did not resurface for several minutes.」と付けた。

サメは、別のビーチを通る人が後ろの水にリリースするまで、1分より多くの間、砂の上に放置されることを強制される。

フロリダのパームビーチで取られたビデオは、370,000回より多く見られ、うんざりしたFacebookユーザーから数百のコメントを手に入れた。

まるで、浦島太郎のカメをいじめる餓鬼である。

こんな小さなサメをいじめるなら、ホオジロザメに素手でかかっていくべきである。

2016-02-18---聖フランシスのイルカは、写真に撮って、2頭が殺された。
2015-08-09---村は、お金を慈善活動からゆすり取るために、1,000頭以上のイルカを殺した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト