2016-02-24

エボラ出血熱看護婦が病院に戻ると、科学者の恐怖が確認された。

健康美容と医学の科学政治経済観光宗教モバイル・マネー

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年02月24日に、2015年10月09日に出版された記事を再掲載し、エボラ出血熱(Ebola)に感染した看護婦が病院に戻ると、組織において生き長らえるウイルスについての科学者の恐怖が確認された。エキスパートは、ウイルスが生き長らえるかもしれない方法により呆然とさせられるた認めた。

せっかく、命をかけてボランティア活動で出かけ、感染し、死ぬかもしれない経験をした上で、人種差別される可能性まである。

エボラ出血熱は、生存者の組織に埋められるままで、長い間見たところ人々が回復した後も、生き続けることができ、その効果が続くかもしれないことを意味していると、エキスパートっている。

そして、イギリスのウイルス感染のリターンについて悩む理由が全然ない間、その粘り強さは、再びそれが後ろにぱっと燃える方法であるかもしれないと言っている。

今年早く彼女が必殺のウイルスへの治療を受けた後に「エボラ出血熱看護婦(Ebola nurse)」として知られたポーリーン・カファーキー(Pauline Cafferkey)は、3回目の治療のための病院に帰った。

そして、たとえそれで、人々がそれを2回つかむことができるのを意味していなくても、それは出現する明白な回復の長い間後に、再発が続く効果がある。

エキスパートによると、問題の再発は起こるようである。なぜなら、病気は、ボディの達しづらいエリアでまわりにぶら下がっているからである。

エキスパートによると、それは感染リスクが低いのを意味しているけれども、「そのより一層の突発を引き起こされうる」ことがある。

ポーリーン・カファーキーは2014の終わりまでシエラレオーネ(Sierra Leone)で働いた。

彼女がイギリスに戻った時に、彼女はウイルスによって感染されたと診断されて、ロイヤル・フリー・ホスピタル(Royal Free Hospital)で隔離されて取り扱われた。

そこはエボラ出血熱および他の伝染病の専門病院ある。

1月の終わりごろに、病院は、彼女に感染がなく、退院できると伝えていた。

しかし、彼女が、彼女のオリジナルの感染のため起きる複雑化と戦うと、彼女は今や同じ病院に2回戻ったことがある。

つまり、潜在的になり、冬眠したように沈静化さr他が、いつ再発するかわからない状態で、完治していない。

同様にアメリカ人看護婦に、オバマ大統領は歓迎して抱きついていた。

エボラ出血熱患者は集中治療において隔離に入れられる。

それらは、監視され、それらの血酸素レベルと血圧を持ち、それらの器官は、それらがそれらの前の状態に戻ることができるまでサポートされる。

2度目に彼女が病院に戻ったので、ポーリーン・カファーキーがどんな治療を受けるかはクリアではない。エキスパートによると、しかし、それはウイルスへの彼女の前感染の再発と関連する。

科学者は、まだ、エボラ出血熱の長期の効果がであるものを完全に消えることを確信している。

「実際、人々の目、ジョイント、および毛損失を持つ進行中の健康上の問題のうちのいくつかが、エボラ出血熱の後効果ではなく、どこかでまだボディにあるエボラ出血熱の少ない少量により起こされるように思われる。」と、リーディング大学のウイルス学者ベンノイマン博士(Dr Ben Neuman, a virologist at the University of Reading)は、BBCラジオ・スコットランド言われた。

「それは驚くべきで、私達は、ちょうど、どのようにこれを扱うかを学んでいるところである。」

健康エキスパートは、組織で、病気ライフがオンの状態で、それはしかし再発の潜在的な方法であるかもしれないと言った。

「私達は、目、中枢神経系、精巣などのいわゆる免疫特権を与えられた体のサイトにおいてエボラ出血熱ウイルスが保護されると知っている。」と、リバプールの大学の感染の教授で、およびグローバルな健康ので言ったジュリアン・ヒスコックス(Julian Hiscox, professor of infection and global health at the University of Liverpool.)は言った。

さらに、目、脳と睾丸では、エボラから完治されたと言われた人もエボラ・ウイルスが隠れて生きている可能性あると言うことになる

前のもので、私達に比べてのこの突発の再発で、本当のスケールは、前に私達が観察したことがないエボラ出血熱ウイルス感染の面を見ようとしている。

「私は、無症状な個人のウイルスの粘り強さが、ウイルスの潜在的な貯蔵所であると思う。私達は、多く数ヶ月の間精液で伝染性のウイルスが存在すると知っている。それは、エボラ出血熱にかかった人と回復することが断つか、またはコンドームを着用しているようにアドバイスされる理由である。」

完全に人間の細菌に対する自己防御能力が、逆に働いているかもしれない。

よく、洗いすぎると、殺菌性ウイルスまで殺すと言われているが、それを知った時、完治のないウイルスが。永久存続できる可能性も残ってしまった。

しかし、それが現実に、ボラ出血熱で起こったかもしれないと知ったのは、性液感染と、目の中で生き続けるウイルスの存在であった。

しかし、ポーリーン・カファーキーの病気の効果のリターンは、必ずしも、ウイルスが後ろにぱっと燃え、再発することを意味していない。

「よいニュースはたぶんそれが伝染性であろうとしていないことである」と、ノイマン博士は言った。

「いったんそれが血から1回取り除かれたら、ウイルスは、ボディのアクセスしづらいコンパートメントに退却する傾向がある。」

グラスゴーのより大きいNHSと公衆衛生のクライドのディレクターであるエミリア・カリントン博士(The NHS in Greater Glasgow and Clyde’s director of public health, Dr Emilia Crighton)は、戻って来ている問題の一般大衆にあることを一般大衆に「リスクが非常に低い」ことを保証した。

「ポーリーンの条件は、エボラ出血熱ウイルスを持つ前の感染の複雑化である。一般大衆へのリスクは非常に低い。」と、エミリア・カリントン博士は言った。

これなどのケースの正規の手続と一列に並んで、私達はポーリーンの少しの緊密なコンタクトを識別した私達が用心として追求しているであろうことである。」

つまり、100%とは言えない。
WHOによる、エボラ出血熱の終息を宣言は、完全終息ではなかった。

また、この考え方を採用することで、コンピュータ・セキュリティのワクチンもできると思った。

この記事のバージョンは元来2015年10月09日に出版された。

2016-02-05---ジカ熱について、CDCのアドバイス:セックス規制の必要性を考慮。
2016-01-14--WHO、エボラ出血熱の終息を宣言。
2015-12-29---WHO、ギニアのエボラ終息を宣言。
2015-11-28---ギニアで、最後のエボラ患者生後1か月の赤ちゃんが退院。
2015-10-07---エボラ出血熱国は、はじめて1週間新規感染者無しを記録!
2015-07-15---リベリアのエボラ再発!
2015-05-18---対応が遅れたと批判された WTOは、エボラでUS$1億の資金を要求!?
2015-05-11--専門家パネル、WHOのエボラ危機対応遅れを非難。
2015-05-09---リベリアからの手紙「私達はエボラをやっつけた!」
2015-05-08---エボラ完治と言われた人の目にウイルスが、まだ住んでいた。
2015-04-18---ナイジェリアで「謎の病」が発生し、発症から24時間で死亡!
2015-02-23---北朝鮮は、エボラが米国軍により、作成されたと言った。
2015-02-02---リベリアのエボラ出血熱センターが解体された。
2015-01-25---エボラ出血熱で評判を落としたWHOを修復することができるか?
2015-01-22---大型類人猿は、過去10年間でエボラ出血熱により1/3が死んだ。
2015-01-21---絶望的なチンパンジーとゴリラにもエボラ出血熱ワクチンが必要。
2015-01-06---エボラ出血熱で、新しいワクチン・テストを開始。
2015-01-03---エボラに感染した韓国人医師は、匿名のためのドイツに飛行。
2015-01-02---国連のアンソニー・バンベリーは、エボラ出血熱の2015年の終焉を望む。
2014-12-28---エボラ出血熱は、どのように比較できるか?
2014-12-25---シエラレオネは、北部で3日の監禁を宣言した。
2014-12-20--エボラ出血熱の死亡者がWHO記録で、7,000人を越えた。
2014-12-11---エボラ出血熱ワクチント実験苦痛により、『中断』
2014-12-11---スーパーバグは、2050年までに『癌より多くの人』を殺す!
2014-12-10---Person of the Year 2014は、「THE EBOLA FIGHTERS」
2014-12-07---2014年に登場したトップ10総揃え!
2014-12-07---「Time Person of the Year」の一般投票でトップはモディ!
2014-12-07---エボラ(Ebola)を生き抜く。
2014-12-05---シエラレオネで、伝統葬をした家族を投獄。
2014-11-28---エボラウイルスは精液の中で82日生存できる。
2014-11-27---世界で最悪のエボラ出血熱突発は、1人の少年の死から始まった。
2014-11-25---ギニアで、エボラ患者の血液サンプル盗まれた。
2014-11-21---マリの医者は、エボラ患者を治療した後に死亡。
2014-11-20---エボラで苦しむ西アフリカの音楽家は、エボラを訴える歌を作った。
2014-11-19---TIMEのPerson of the Yearの投票が始まった。
2014-11-17---ボブ・ゲルドフ、エボラ・バンドエイドは、4分〜5分で£100万売れた。
2014-11-17---シエラレオネの医者は米国で死んだ!
2014-11-12---エボラの死亡者が5,000人を越え、ヘルスワーカーの「危険手当」無払いでストライキ!
2014-11-06---スペインの看護師はエボラから回復し、退院。愛犬殺処分で職員を非難!
2014-10-31---エボラのジョークで、罰金刑!
2014-10-30---エボラウイルスの共同発見者、中国はエボラ流行に「ぜい弱」と指摘。
2014-10-29---エボラ救援に南アの巨頭US$100万寄付。世界経済第2位の中国「0」
2014-10-29---中国ファッション・ウィークは、スモッグ・ファッション。
2014-10-28---リベリアの棺桶屋は、エボラで大変!
2014-10-27---オーストラリアは、エボラ流行国からの入国を制限!
2014-10-27---IBM、シエラレオネのエボラ・トラッキング・システムを提示。
2014-10-26---米国の看護師は、空港での検査処理は、まるで囚人と監獄で爆発!
2014-10-25---WHOは、エボラの患者が10,000人を突破したと報告。
2014-10-24---北朝鮮、エボラ熱懸念で外国人観光客禁止。
2014-10-24---エボラ看護師ニーナ・ファムはウィルスが消えた。
2014-10-23---大都市ニューヨークで、エボラ陽性医師がジョギング!
2014-10-22---世界に衝撃を与えたエチオピアの飢きんから30年の報告。
2014-10-17---オバマ大統領はロン・クレインを「エボラ・ツァー」に任命するだろう。
2014-10-16---パニック!エボラ患者に付き添う無防備の人は、誰?
2014-10-15---ダラス病院従事者で、第2のエボラ米国国内感染者が出た。
2014-10-12---米国でも、エボラの国内感染が発覚。
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが米国の病院で死亡。
2014-10-07---エボラに感染しない方法。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-06---アフリカ外のスペインで、最初のエボラ感染を確認。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-20---エボラと経済的影響。
2014-08-11---中国の医療スタッフと医療品が、エボラを影響を受けた国々に到着。
2014-08-07---米国へのエボラ拡大は避けられない。いずれ日本にも---
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。