2016-02-24

その男は、世界中の300店を超えるマクドナルドを食べ歩いた!

食品

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、世界中のマクドナルド(McDonald's)を訪ね歩き、彼のお気に入りを明らかにしたと報告した。

その中で、不思議であったのは、乾燥した海草のフライ、乾燥した魚は、より異常なメニューオプション出会ったと報告している。

カナダのオンタリオで生まれたジェームズ・マクゴーワン(Born in Ontario, Canada, James McGowan)は、現在バンコクに住ん、そこで彼はテク新興企業のために働いている。

しかし、彼の真実の情熱は、彼がするようになるかもしれないより多くの場所でのできる限り多くファーストフードを食べ歩くことのようである。

イギリスから日本に、およびカタールからハワイへ、どこでもジェームズ・マクゴーワンはマクドナルドを食べた。

マクドナルドの料理は、韓国のソウルで入手可能なチューロ(churros)、日本のタカアシガニ・コロッケ・バーガー(Japanese Crab Croquette burger)など及んでいる。

これは、カニ・コロッケ・バーガーだろう。そして、彼にわ申し訳ないが、彼が生まれたカナダ産のカニかもしれない。
つまり、カナダ人が考えられなかったカナダ産のバーガーかのしれない。

彼は、マクドナルドに行くために、彼の好きな国について「インディペンデント」と話した。
そして、これまでに彼が試した最もよいアイテムを紹介した。

タイ(Thailand)
「それらは、バーガー、包装、または他に何もではなく、あなたがあなたの手で食べることができるので、米料理は私に目立つ」と、彼は言った。

「それは標準のマクドナルド料金で良いツイストである。米とウィングは、Thai McDsでいつもベストセラーである。

「それらは、驚くほどよく作動するそれらのこうばしいパイで私が驚き続ける。成長するのでいつもマクドナルドパイが、主なデザートのために甘かったこと。従って、これらの豊かなこうばしいパイは私に不慣れに聞こえるけれども、通常、最終的においしいことになる。」

香港(Hong Kong)
「マクドナルド香港スープ朝食アイテムは、いつも私の個人的な好きな規則的なメニューのうちの1つであった」と、ジェームズは言う。

「それは、私が、最初にそれを試したマクドナルドに持っていた最初の意外なアイテムのうちの1つであり、ブログを始める前の多くの年、それは、実際何回も私が試す少数の規則的なメニュー項目のうちの1つである。」

スリランカ(Sri Lanka)
「スリランカからのSeeniSambol朝食サンドイッチは、いつも私のその上no精神にいて、私がすると、前にどのような他のマクドナルド料理の魚でも一度も乾燥させたことがなかった」と、ジェームズは言う。

ユニークな「それは、その完全な混合のローカルな風味、ローカルな成分、およびそれを持っている。」
「ファクターとして、私はそれを捜している。それは、また、偶然、これまで私が持ったことがある最もスパイシーなマクドナルドアイテムのうちの1つであり、私はスパイシーな食物を愛している!」

彼の旅行において、ジェームズは多くの他の意外な、予想外の料理に出会った。

これは日本のサクラの花ピンク海草乾燥フライを含む。ジェームズによると、サクラの花と海草風味組み合わせは、「完全な組み合わせ」であった。

日本はMcコレート・ポテトも誇る--2倍のチョコレートソースとフライドポテトで来る。

ジェームズによると、「チョコレートとジャガイモは、日本の新しい組み合わせではなく、チョコレート味つけポテトチップはしばしば食べられる。多少驚いたことに、McMcchコレート・ポテトはジェームズからまともな3.5/5レビューを得た。その人は、まさに塩の正しい量があった時に言った、フライの甘さと塩と太っている内容の間に、きちんとした演出があった。」

シンガポールでは、あなたはバブルガムMcフイズ(Bubblegum McFizz)の飲み物を注文できる。本当のバブルガムはシンガポールで禁止されて、従って、これは売却に奇妙な製品である。飲み物はべた賞めのレビューを正確には得なかった。なぜなら、「希望的観測として、発ガン性ではない青色のシロップ」はそんなに厚かったからである。
「それは、私達が物を飲むことでさえ防止しているストローに貼り付けられた。」と言った。

この発想は、将来スポンサー付きで本が出版できることだろう。