gaYa広告

2016年02月18日

雪そりは、なぜ約250km/h(155mph)で、爆走する必要があるか?

スポーツ

BBC Newsは、重力動力を供給された雪そりのための世界スピード記録は、一般に、83mph(134km/h)であるが、3のノルウェー人である雪においてまわりで乱雑にするのにそれらのライフの多くを費やした友人は、約70mph以上でそれを打つ計画を持っていると報告した。

最初のステップとして、イェルン・マデスリン(Jorn Madslien)そりは正しいの形であり、それを確かめることになっていて、スピードのトリオのうちの1人は幻覚体験すると書く。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

私達は、トヨタモータースポーツが洞穴状の高性能テストの開発施設をドイツのケルンに作ったので、私達はすべて張り詰めていると言っている。

それは少なくとも私達のために威嚇場所であると、オスロからの3人の普通の男は言った。

制御室には、コンピュータモニタの壁があり、数および複雑なグラフの長い列を表示する。

しかし、エンジニアと専門家は、それらを見ていない。

代わりに、私達の車が、普通の道路に沿って旅行をシミュレーションする「転がっている道路」に置かれると、彼らは大きいウィンドウを通って見る。

それは黒く、滑らかで、効率化されて、片の銀のテープで装飾される。

それは、普通ここでテストされる1式とル・マンレースカーと似ているのを意味している。これだけが、エンジンを持つ車ではなく、4つのホイール、それは、重力により一人で動かされたスキーの雪そりである。

私達の神経は風洞チームの熱狂により静められる。

「これは、私達が雪のモデルを私達のトンネルでそりをはじめ乗せたのである。」と担当するアントニオ・パベシ(Antonio Pavesi)は言う。

「それは興味深いプロジェクトである。すべての男は非常に興奮している。」

トヨタモータースポーツは、まさに私達に空気力学についてのいくつかの生命のレッスンを与えようとしている。

それゆえ、私達のそりを「Snowspeed」と名付けた。活発に、約250km/h(155mph)のスピードで、spreadeagledされたbelly-to-earthポジションの自由落下しているスカイダイバーのターミナル速度より速くデザインされた。

冬にあると、雪しかないノルウェーで、そこを猛スピードで走り抜ける!
オスロからの3人の普通の男は。バカである!
トヨタさん!何してんの?
トヨタはもっとバカである!

雪の上で、直下降がどれほどのスピードで走り抜けるか?

Snowspeed at a glance
*About 4m long
*Weight not yet known, but lightness not an advantage
*Two skis support stable, low-slung front
*Third ski supports slim rear end
*Design inspired by Formula 1 and Le Mans racing cars

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。