on-the-time.jp

2016年02月18日

ロッチデール導師ジャラル・ウディンが、遺体で見つかった。

宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年02月19日に、ロッチデール導師ジャラル・ウディン(Rochdale imam Jalal Uddin)が、モスクでの晩祷の後2016年02月18日木曜日に、家に歩いて帰る途中と考えられる間に、運動場で頭部損傷のため遺体で通行人に見つけられたと報告した。

通行人は、午後9時前に南通りの運動場で重大な頭部損傷によって彼を見つけた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ジャラル・ウディンは、ディナーのための友人を訪問する前に、晩祷に出席し、家に歩く間の近道と、ITVニュースによって報告された。

警察と救急救命士は、現場に呼ばれたけれども、彼は病院で損傷のため死去した。

「主要な調査はスタートされて、問い合わせは、その人を正式に識別し、状況包囲を設立し、どのように、傷つけられたかなど、進行中である。」と、GMP(Greater Manchester Police/グレーター・マンチェスター警察)のスポークスマンは言った。

金曜日午後に検死が予定された。

ロッチデールのジャラリア・ジャーメ・モスク(Jalalia Jaame Mosque)の前の導師であったコミュニティ・コヘシン(community cohesion)は、ジャラル・ウディンに敬意を表し、養育しようとしているイスラム教のグループのラマダン財団(The Ramadhan Foundation)の取締役会長モハメッド・シャフィク(Mohammed Shafiq, chief executive of the foundation0は「昨晩、ロッチデールからのポピュラーなローカルな導師が、ローカルなモスクで祈りから戻って殺されたというニュースは衝撃的で、悲劇的である。殺人の状況を思索することが早すぎる間、私達は、結合されて、静かなままでいることをロッチデールのコミュニティに勧める。」
「彼が死んだ時には、Qari JalaluddinサーブはJalali Jameモスクから彼の帰宅にあった。私達は、ロッチデールの私達のコミュニティへの彼および彼のユニークな寄与に敬意を表す。」
「私達は、私達の誠実なお悔やみと祈りを、彼の家族、友人、およびより広いコミュニティに提供する。」と言った。

ジャラル・ウディンが攻撃されたけれども、モスクから人々の旅行家を安全に保証し、安全対策を考慮するエリアのシャフィクの督促モスクと手段について、警察は憶測を確認しなかった。

調査の監督者ジョン・チャドウィック(Detective Superintendent Jon Chadwick)は、GMPの重罪部門から、警察が、彼らが、どのようにジャラル・ウディンが傷つけられたかを立証しようとするため、連絡をエリアの誰からでも受けたいと言った。

監督者リック・ジャクソン(Superintendent Rick Jackson)は、「私達は、ローカルな人々が、いつ彼らが耳にし、心配すると知っていることが起こり、コミュニティを試し、保証するために私達が適所に特別なパトロールを持っている。」と言った。

今後、この事件がどのように展開するか?全く予測できない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。