gaYa広告

2016年02月18日

世界各国で見た理想的な女性と男性。

アート

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、ジャーナリストは自身の写真を6ヶ月前に「What the ideal woman looks like in 18 different countries」として、世界中の40カ国のデザイナーに送り、この写真を「make her beautiful(女性を美しくしてください)」にしてくださいと依頼した。

結果は返送され、大幅に変わった。それは、種々の文化の「理想的な女性のボディの知覚」をおよそ暗示し過ぎて見られた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

スーパードラッグのチーム(The team at Superdrug)は2016年02月18日に、「What the ideal man looks like in 19 countries around the world」として、同じ要約を持つ19カ国のデザイナーに今や男性のボディで同じことをし、このイメージを送った。

ここ、彼らが送り返してきたものである。

エジプト、米国、南アフリカ、およびフィリピンからの写真がより多くの彫刻された人を攻撃する間、セルビア、オーストラリア、およびパキスタンからのデザイナーは、少ない調音されたボディ として 理想を見た。

変化は、もちろん、フォトショップを持つ19人の別々の人の意見およびそれらの変化才能を示しているだけであるけれども、どのようにそれらがイメージを変更するかでそれにもかかわらず興味深い。

結果をより多くの詳細で見るためには、キャンペーンWebサイトを訪問しなさい。それは、理想的なボディタイプのためのプレッシャーと戦うことに努める。

ドニーズハットン(YMCAイギリスの最高経営責任者)は言った:

スーパードラッグの2番目の『完璧さの認知』リポートが、ボディイメージについて地球面を横切るプレッシャー人の待望のライトを照らす。

しばしば得難いこと、およびこのリポートが見えるので、人が低いボディ自信 多く のまわりの女性に等しく苦しむ 文化的な認知と広告理想により動かされて、『魅力』の標準を達成するために努力する。

私達自身の研究は、UKの人の40パーセントが、テレビと雑誌からプレッシャーを感じると気付いたどのように彼らが自身と他を見るかにおいて、『完全な』ボディとこれを持っていることは、ネガティブな効果がある。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。