on-the-time.jp

2016-02-18

Facebookの果実と数学パズルは、代数学を議論することで大人を騙す。

教育

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、この問題は数学の問題のふりをするけれども、本当に、それはどのように「善」のまわりで、より多く、あなたの目はバナナのためだけであると報告した。

アドバイスなしで、あなたは、この問題を正しく解けるか?

[AD] You can advertise on this site.

りんご、バナナ、および1つのココナッツあたり半分の価値の外の仕事へのパズルを尋ねている人々は、ソーシャル・メディアの友人を別個にした。

パズルは簡単に見える。それは、ただ、人々に、価値としての果実によっていくらかの明らかな代数学をするように頼む。しかし、それは別のツイストを持ち、落ちる主要な人々である。

それは、 どれほど例の簡単な計算と代数学として広く共有されて、おとなにより忘れられるかもしれない。しかし、困難は実際、知覚のうちの1つである。

果実のうちのそれぞれの価値を考え出すことは相対的に簡単である。
りんごは10に値し、それに個々の4本のバナナはそれぞれ1に値し、半ココナッツはそれに1に値する。あなたがすべてを加算する時には、終わりの問題マークは14(なぜ15、16ではないのか?)を表している。

しかし、問題をずっと難しくするものは、パズルが、そこにない見ている物にあなたをだますという事実である。
多くの人々は、ココナッツ半分のうちの1つが最終的なラインにおいて消え、バナナのうちの1本がそこにないことに気づかない。

それは、多くの人々が16のような答えによって終わるのを意味している。
または、他にの何か 完全に 。

パズルを正しくせず、あなたが、基本的な数学をする能力を失ったという事実の例ではない。
そのようなものとして、そして、それを正しく得ることにより、あなたが天才であることは示されない。
この主張はFacebookにおいてしばしば作った。

代わりに、それを正しくする。
それらは、なぜ人々が、子供が、それを見ることをより得意とすると主張するかを説明できるより鋭い目を持ちそうである。

また、それらが、実際問題に少なく従事している人々が、それを解決することをより得意とするかもしれないのを意味していて、表しているものを理解していることを試みるというよりも彼らが写真もそう見そうである。
という問題であった。

つまり、見た目で騙されてはいけない。

10(りんご)+10+10=30
10+4(バナナ)+4=18
4-2(ココナツ)=2
2+10+4=16
は間違い。

ココナツが1つしかないと気がつくと、
10(りんご)+10+10=30
10+4(バナナ)+4=18
4-2(2個の半分のココナツ)=2
1(1個の半分のココナツ)+10+4=15
も間違い。

さらにバナナが1本足らないと気がつくと
10(りんご)+10+10=30
10+4(4本のバナナ)+4=18
4-2(2個の半分のココナツ)=2
1(1個の半分のココナツ)+10+3(3本のバナナ)=14

つまり、見ているものが、固定概念で誤解しているという問題であった。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.