2016年02月16日

現実世界の「インディ・ジョーンズ」

超過去教育観光宇宙

AFPは2016年02月17日に、実世界の「インディ・ジョーンズ(Indiana Jones)」と称されるサラ・パーキャック(Sarah Parcak)は、テクノロジーを駆使する考古学者が、未発見の秘宝を探し出したり、目を見張るような古代の文化財を守ったりするためのオンラインプラットホームへの参加を人々に呼び掛けたと報告した。

サラ・パーキャック(Sarah Parcak)は、世界の古代文化財を破壊と略奪から守るために、21世紀の市民科学者集団の構想を描いてきた。

2016年に、価値のあるアイデアを世界中に広めることを目指す米非営利団体TEDからTEDプライズ(TED Prize)を受賞したことで、構想実現の可能性が出てきた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

TEDプライズは、大きな構想を実現する足掛かりとして、US$100万(約1億1000万円)の資金を提供する。

サラ・パーキャックの構想は、世界中の人々に、現状よりも素早く略奪を発見したり、考古学者に,古代の文化財がある可能性が高い場所を教えてあげたりする「冒険家」になってもらうことである。

「盗掘者たちに先んじて古代の文化財などがある場所を保護できる唯一の方法は、世界中から参加してもらい、私たちが考古学でしている仕事に加わってもらうことである。」とサラ・パーキャックは語る。

サラ・パーキャックが提供する「探検」の一つは、衛星写真を「デジタルカードゲーム」のようなカードとして提供し、オンラインのユーザーが「カード」を次々にめくって行くことで、写真内に遺跡やピラミッド、盗掘穴などがないか、精査するというものである。

国などの大まかな情報と、衛星写真のうち、ごく狭い領域だけが表示される。これは、「略奪者らにログインされて盗掘場所を探すのに利用される、というのだけはなんとしても避けたいからである。」とサラ・パーキャックは説明する。
サラ・パーキャックは「何よりエキサイティングなのは、これがゲームとして提供されるということ」と付け加えた。

不特定多数の参加者は「クラウド」によって示された場所について、考古学者が追加で調査し、政府や法執行機関が保護できるようにする。

このサービスは、スマートフォン経由でライブ映像を投稿できる「ペリスコープ(Periscope)」や画像投稿サイトのインスタグラム(Instagram)、ソーシャル・ネットワークのGoogle+などを通じて提供されることが検討されており、サラ・パーキャックは年内にも提供を開始したいと考えている。

サラ・パーキャックが空撮写真を使うようになったのは、祖父が森林分野の仕事で使っていたのがきっかけだった。
サラ・パーキャックは、人工衛星から赤外線画像を作成する技法を開発し、エジプトで未発見だった遺跡を見つけることに成功した。さらに、盗掘を発見するのにも衛星写真を活用した。

現実世界の「インディー・ジョーンズ」と評する人もいるサラ・パーキャックは、アラバマ大学バーミングハム校(UAB)で地球観測研究所(Laboratory for Global Observation)を創設し、現在、同大の教授を務めていると報告している。

これは、私が以前から「衛星考古学」と呼んでいたことである。
サラ・パーキャックが生まれた頃から、リモートセンシング研究所のランドサットの衛星画像を使って楽しんでいた。
高分解能衛星リモート・センシングが可能になる前は、万里の長城を確認することも困難であった。
彼女がやっているのは、昔からリモート・センシングで目的のデータを得るために、そのバンド・データを組み合わせるかである。
初期はバンド数も少なく、抽出できるものも限られたが、バンド数が増え、高分解能衛星の登場でその真価は驚異的になっている。
また、Google EarthとGoogleMapsはその可能性を大きく伸ばし、個人で楽しめるようになっている。
ところが、Mac対応のGoogle Earthは、今も壊れたままである。
さらに、この破壊は、私のATAKまでついでに破壊してくれた。
まるでウイルスである!

おかげでGoogle Earthのポインター情報を利用した緯度と経度の情報が掲載できなくなったので、別の方法を採用するようにしている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告