2016-02-15

スティーブン・フライは、ジェニー・ビーヴァンを『バッグレディ』と言った。

人物犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」、イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、スティーブン・フライ(Stephen Fry)は、BAFTAsで衣装デザイナーのジェニー・で弁解し、「単に呼び出しで、ジェニー・ビーヴァンをバッグレディ(bag lady)と考える悲劇の数値への言葉は侮辱であった。彼女は親愛なる友人である。」と言った。

後で、彼のTwitterアカウントを削除したようである。

こういうミスは、TwitterやFacebookである。
特に有名人の発言は、消しても消えない。

58歳のコメディアンは、昨晩2016年02月14日のBAFTAsで、彼女の賞をジェニー・ビーヴァンに与えた後に、マッド・マックス(Mad Max)の彼女の仕事のためのベスト衣装デザインについてソーシャル・メディアに批判された。

「大きい映画衣装デザイナーのうちのほんの1人は、バッグレディとして着こなした賞式典に来る(Only one of the great cinematic costume designers would come to an awards ceremony dressed as a bag lady,)」と、フライは皮肉を言ったた。

アカデミー賞獲得衣装デザイナーは、フォーマルな服装の代わりに、浮きやすく、層にされた装備とスカーフとマッチしていた革ジャケットを着ていてBAFTAの伝統を壊した。

フライはTwitterについて、彼のコメントを防御した。
見たところ彼のアカウントを削除する前に、無害な冗談を言うことは「侮辱」として誤解された。

「すべての意志は、あなたのジェニー・ビーヴァンからのf***が友人である聖人ぶるf*****s f*** およびからかうことは合法である。私が惑星を去りたいキリスト。」と彼はTwitterに書いた。

「従って、単に呼び出しジェニー・ビーヴァンをバッグレディと考える悲劇の数値への言葉は侮辱であった。彼女は親愛なる友人であり、彼女はそれを得た。Derrr」ハムステッド(Hampstead)生まれのコメディアンは追加した。

多くの人々は、彼が彼のTwitterアカウントを削除したことが明白になった後に、フライを防御するために突進した。

フライは、彼とジェニー・ビーヴァンの写真も賞式典に配置した。