2016-02-15

Googleは、写真管理サービスPicasaを閉鎖!

ジェフ・ガメット(Jeff Gamet)はMacObserverで、Picasaを知っていた人々の一握りはGoogleがそれを閉鎖するので、それらのリストからそのものをはがし取ることができると報告した。

Webで写真とビデオの管理ツールPicasaは、Googleがより多くの資源をGoogle Photosに投げることができる間、次の数ヶ月の間で段階的に実行する。

会社はブログポストで、
「多くの思慮と考慮の後に、私達は、Google Photosを単一の写真サービスとして完全に中心に行うために、次のヶ月の間Picasaを辞めさせると決めた。私達は、 2つの異なる製品全体で努力を分けるより、むしろ私達は、より多くの機能を提供して、携帯とデスクトップで働く1つのサービスに集中することによって非常により良い経験をつくることができると考えている。(We believe we can create a much better experience by focusing on one service that provides more functionality and works across mobile and desktop, rather than divide our efforts across two different products.)」と言っている。

Picasaユーザーと高く、乾燥で別れる代わりに、Googleがかなり容易な写真に移行をしている。
まさに、個人のGoogleユーザーネームによってGoogle Photosにログインできる。

およびパスワードなどすべては、そこにあるはずである。

それは当面作動し続けるけれども、Googleは2016年03月15日にPicasaデスクトップアプリのサポートを終える。

PicasaのWebアルバム機能は2016年05月01日に終わり、アルバムはまだ見られうるけれども、編集できない。

このようなサービスの終焉は、時々読んでいると、もっともらしい弁解があり、自分勝手に終了する。
その時は、民主主義でも、社会主義でもなく、あるのは独裁主義か、帝国主義である。

昔、シュペングラーの西洋文化崩壊史に習って、ポーランド人の学者が文字の西洋文化崩壊史の博士論文を書き、貪るように読んでことがある。

それによれば、もっともらしく邪魔者を殺す方法として、文字が読める人が少なかった中世に、立て札を立て、気に入らないものを捕まえ、どんどん斬首したと書いていた。

この文献の正式名称を書こうと思ったらが、この学者はその論文を書いたあ後に、行く不明になったと、私の知人のポーランド人の学者が話してくれた。
つまり、彼も文字の西洋文化崩壊史の被害者はであった。
私は、全文をコピーして持って帰ってきた。