gaYa広告

2016年02月12日

オーストラリア選手団、リオ五輪を控え、より厳しいドーピング検査を実施!

スポーツ麻薬とメディア

AFPは2016年02月15日に、オーストラリアのASADA(Australian Sports Anti-Doping Authority/オーストラリア反ドーピング機関)とAOC(Australian Olympic Committeeオーストラリア五輪委員会)は2016年02月12日に、世界的にドーピングに対する注目が集まる中、同国五輪選手団がこれまでで最も厳しい反ドーピングプログラムの中で、検査を受けていることを明かしたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

今年開催されるリオデジャネイロ・オリンピックとパラリンピックでオーストラリア選手団の評判を守るため、両団体は8か月前から選手の薬物検査を行っている。

ASADAのベン・マクデビット(Ben McDevitt)会長は、この取り組みにより検査官が不正を見抜くチャンスをより大きくすることが可能となり、不正を行っていない選手を守ることができるとしている。

マクデビット会長は、「スポーツ界のドーピング疑惑に国際的な注目が集まる中、スポーツに公平な国であるというわれわれの風評や、ドーピングに対する強い姿勢を守ることは、オーストラリアにとって非常に大事なことである。」とコメントしている。

「オリンピックを前にして重要なことは、ドーピングを行った選手に出場権を奪われたことで、クリーンな選手がオリンピックの選考から漏れてしまわないようにすることだ」

またマクデビット会長は、検査の他にもオンラインや対面で、「ドーピングを予防するための」教育プログラムを実施していることも明かしていると報告した。

オリンピックで、優勝者などに、各国が賞金を渡すようになり、スポーツが商業化され、選手が商品化されている。それはローマ時代の奴隷によるコロシアムなどで行われてきた殺し合いなどを起源としていることから、実際に意識改革程度で、消えるとは考え難い。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。