2016-02-15

聖人になった故ヨハネ・パウロ2世は、既婚女性と約30年の親密関係。

人物宗教

AFPは、BBCのドキュメンタリー番組で2016年02月15日に、2005年に死去したローマ法王で、聖人にもなっ故ヨハネ・パウロ2世(John Paul II)が、既婚女性と30年以上にわたり親密な関係をもっていたことを示唆する手紙に焦点を当てたと報告した。

相手とされる女性は、ポーランド生まれの哲学者で作家のアンナ-テレサ・ティミエニエッカ(Anna-Teresa Tymieniecka)で、番組では、法王がカトリック教会の聖職者に課される独身制に背いたとは主張していない。

だが、相手の女性に宛てた法王の手紙からは、2人の間の親密な雰囲気がうかがえるとBBCは述べている。

2人は休暇にキャンプやスキー、散策などを一緒に楽しむ仲だった。

「親愛なるテレサ」と始まる1976年9月の手紙では、法王がティミエニエッカのことを「神からの贈り物」と表現し「あなたは苦しみについて書いたが、その言葉に対し、私は答えを見出せない。」と書いている。

ドキュメンタリーを制作したBBCのシニア・ジャーナリストであるエドワード・ストートン(Edward Stourton)によれば、ポーランド国立図書館から発見された書簡は350通以上に上り、日付は1973年から2005年に法王が死去する数か月前にまで至るという。
エドワード・ストートンは、「友人以上、恋人未満の関係と言えるのではないか」と述べた。

さらにエドワード・ストートンは「これらの手紙から現れた非常に興味深いストーリーの一つは、感情と哲学的な考えが混じり合った非常に緊密な関係に違いないものを、キリスト教徒にふさわしい信仰の範囲内に抑え込もうとした闘いの物語だ」と語った。

ドキュメンタリーに登場するのは、ヨハネ・パウロ2世が送った書簡だけで、2014年に死去したティミエニエッカが送った書簡は登場しない。
バチカンが公開させないのかもしれないが、最近の民主的なバチカンとしては、公開すべきだろう。

1970年に、彼がマニラに到着した時に、ボリビアの画家は、彼を傷つけてパウロ6世(Pope Paul VI)を刺した。
1995年に、法王ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul II)の訪問の1週前に、警察は、彼の自動車行列を爆撃するために、イスラム教の過激論者によってプロットを妨げた。

しかし、最近の報告では、キリストも結婚していた。
また、ガンジーはセックス狂であったという。

2016-01-22---古代の原稿は、イエスがマグダラのマリヤと結婚し、子供が居たという。
2015-12-25---ガンジーの性生活。ガンジーはセックス狂であった。
2015-09-03---聖書の中で、結婚はどのように規定されているか?
2015-01-17---フランシス法王が出発後、フィリピン飛行機は滑走路をオーバーラン!
2015-01-17---台風で荒廃したタクロバンを訪問したフランシス法王を台風で迎えた!
2015-01-15---フランシス法王のフィリピン・アジアツアー。
2014-10-28---法王は、進化論とビッグバン論が正しい。神は魔法の杖や魔術師はないと断言!
2014-04-27---ローマ法王は、性的虐待について謝罪した後に、前任者の2人を聖人にする。
2014-04-27---バチカンはローマ法王ヨハネ・パウロ2世とヨハネス23世の聖人を宣言。
2014-04-27---ベネディクト法王は公認に参加し、フランシス法王を抱擁した。
2014-04-27---どのようにして聖人になれますか?
2014-03-17---ローマ法王暗殺計画で使われた銃。
2013-11-28---なぜ・ベネディクトXVI法王は辞職したのですか?
2013-07-05---バチカンは、ヨハネ・パウロ2世、ヨハネス23世を聖人と承認。
2012-11-19---法王の彫刻!
2005-04-04---ヨハネ・パウロ2世が死去した。
2005-01-24---ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が最後の公文書を公開。
1981-05-13---ローマのサンピエトロ広場でローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が狙撃された。
1981-05-13---ローマ法王暗殺計画が実行された。
1981-02-23---ヨハネ・パウロ2世が来日した。
1978-10-16---ヨハネ・パウロ2世がローマ法王になった。
1970-12-04---ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が香港を訪問した。