AD SPACE

2016-02-11

高い鍛冶技術を誇る暖泉で、溶鉄を空中に散布し、春節を祝う「打樹花(打树花)」

観光アート戦争と平和経済

AFPは2016年02月14日に、中華人民共和国河北省張家口市蔚県暖泉鎮(Nuanquan)で2016年02月11日に、春節(旧正月/Lunar New Year)を祝う行事の一環として、鍛冶職人たちが冷えた石の壁に溶鉄を投げつけて花火のような火花を散らす伝統のパフォーマンス「打樹花(打树花)」が行われたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

数百年前、高い鍛冶技術を誇る暖泉の貧しい職人たちが、花火を買うことができず、職場で飛び散る火花の美しさに目をつけ、くず鉄を集めて町の壁に投げつけ「打樹花」を作ったと言う。

現在では、この打樹花」は河北省の無形文化遺産となっている。

職人たちの中には、上半身裸で溶鉄の火花の中でパフォーマンスを行っているが、熱くないのだろうか?

日本の鍛冶技術は、日本刀を生み出し、鉄砲まで創り出したが、お祭りはしないで、神に祈り続けた!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.