gaYa広告

2016年02月11日

高い鍛冶技術を誇る暖泉で、溶鉄を空中に散布し、春節を祝う「打樹花(打树花)」

観光アート戦争と平和経済

AFPは2016年02月14日に、中華人民共和国河北省張家口市蔚県暖泉鎮(Nuanquan)で2016年02月11日に、春節(旧正月/Lunar New Year)を祝う行事の一環として、鍛冶職人たちが冷えた石の壁に溶鉄を投げつけて花火のような火花を散らす伝統のパフォーマンス「打樹花(打树花)」が行われたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

数百年前、高い鍛冶技術を誇る暖泉の貧しい職人たちが、花火を買うことができず、職場で飛び散る火花の美しさに目をつけ、くず鉄を集めて町の壁に投げつけ「打樹花」を作ったと言う。

現在では、この打樹花」は河北省の無形文化遺産となっている。

職人たちの中には、上半身裸で溶鉄の火花の中でパフォーマンスを行っているが、熱くないのだろうか?

日本の鍛冶技術は、日本刀を生み出し、鉄砲まで創り出したが、お祭りはしないで、神に祈り続けた!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。