on-the-time.jp

2016年02月12日

大気汚染による年間の死者550万人以上。その55%は、中国とインド。

自然

AFPは2016年02月13日に、米国首都ワシントン(Washington D.C.)で開催されたAAAS(American Association for the Advancement of Science/米国科学振興協会)の年次会合で、大気汚染のたに世界で年間550万人以上が死亡しており、その55%が急速な発展を遂げる中国とインドでの死者だと発表されたと報告した。

積極的な大気汚染対策を取らなければ、今後、早期死亡者は増加の一途をたどると研究者らは警告している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

カナダ・バンクーバー(Vancouver)にあるブリティッシュコロンビア大学( University of British Columbia)人口・公衆衛生学部のマイケル・ブラウアー(Michael Brauer)教授は、大気汚染の死亡については、世界で4番目になり、環境汚染に伴う疾病については最大のリスク因子だと述べた。

米国ワシントン大学(University of Washington)IHME(Institute for Health Metrics and Evaluation/保健指標評価研究所)では、大気汚染は高血圧、食生活、喫煙に続き4番目に高い死亡のリスク要因となっている。

「大気汚染を減らすのは、人々の健康を改善する上で信じられないほど効果的な方法である。」と、マイケル・ブラウアー教授は語った。

中国とインドは大気汚染による世界の死者数のうち55%を占め、2013年には中国で約160万人、インドで約140万人が大気汚染のため死亡していると報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。