on-the-time.jp

2016-02-12

大気汚染による年間の死者550万人以上。その55%は、中国とインド。

自然

AFPは2016年02月13日に、米国首都ワシントン(Washington D.C.)で開催されたAAAS(American Association for the Advancement of Science/米国科学振興協会)の年次会合で、大気汚染のたに世界で年間550万人以上が死亡しており、その55%が急速な発展を遂げる中国とインドでの死者だと発表されたと報告した。

積極的な大気汚染対策を取らなければ、今後、早期死亡者は増加の一途をたどると研究者らは警告している。

[AD] You can advertise on this site.

カナダ・バンクーバー(Vancouver)にあるブリティッシュコロンビア大学( University of British Columbia)人口・公衆衛生学部のマイケル・ブラウアー(Michael Brauer)教授は、大気汚染の死亡については、世界で4番目になり、環境汚染に伴う疾病については最大のリスク因子だと述べた。

米国ワシントン大学(University of Washington)IHME(Institute for Health Metrics and Evaluation/保健指標評価研究所)では、大気汚染は高血圧、食生活、喫煙に続き4番目に高い死亡のリスク要因となっている。

「大気汚染を減らすのは、人々の健康を改善する上で信じられないほど効果的な方法である。」と、マイケル・ブラウアー教授は語った。

中国とインドは大気汚染による世界の死者数のうち55%を占め、2013年には中国で約160万人、インドで約140万人が大気汚染のため死亡していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE