AD SPACE

2016-02-11

ベトナム-オーストラリア学生は、驚異的な年鑑冗談をやりとげた。

言語

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、新しい学年はたった今オーストラリアで始まったところである。

しかし、4人のただ卒業した高校の生徒が、彼ら自身の名前に記憶されることを確かめた。

かなり一般的なベトナム姓である『Nguyen』の発音が「winning」と呼ばれる。

しかし、それは、アリス(Alice)、キム(Kim)、テレサ(Theresa)、ビビアン(Vivian)は、それらの全体が学校キャリアのためのお互いに誤っていることに飽き飽きしていて、偶然の人種差別主義者(casual racists)をきっぱりと閉鎖するために、調整された年鑑アイデアを思い付いた。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、それは、アリス(Alice)、キム(Kim)、テレサ(Theresa)、ビビアン(Vivian)は、それらの全体が学校キャリアのためのお互いに誤っていることに飽き飽きしていて、偶然の人種差別主義者(casual racists)をきっぱりと閉鎖するために、調整された年鑑アイデアを思い付いた。

この写真は、先週、表題「It was they last time they would say it, and they said it well」の元で、ユーザーL_DevによりRedditにアップロードされた。

私は、ホーチミンの画廊から送られてきた名前をカタカナにしようとして、悩んだ2つの子音で始まり、その一がNだと、なんと呼ぶのか解らない。

今回の『Nguyen』は?「グエン」というそうだが、では最初のNは、消えたのか?

そういえば、日本でも苗字の名字で呼ぶのは公式で、友情が生まれたら名前で呼ぶというが、私は、友人でも名字で呼んでほしいので、いつも呼びやすいからといって、苗字で言うようにアドバイスしている。

私の恩師勝見勝も英語表記をKatsumie Masaruにしていた。
Masaru Katsumiにすると、突然「まさる」と呼ばれるのが不愉快と言っていた。
さらにKatsumiをカッツミというので、不愉快だからといって、語尾にeを付けていた。

とくにアメリカ人は。他人の母国語を無視する!
オーストラリ人もそうなのかもしれない。

それは、日本人もそうである!
毛沢東を「もうたくとう」は無礼である!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.