on-the-time.jp

2016年02月12日

イギリスの新聞「インディペンデント」とその日曜版の印刷版閉鎖。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、オーナーのエブゲニー・レーベデフ(Evgeny Lebedev)は、 iタイトルがジョンストンプレス(Johnston Press)に販売されたように新聞の最後の印刷版は3月遅くに出現する。」と言ったと報告した。

レーベデフは、全国的安売りのジョンストンプレスへの売却も確認した150人のフルタイム・スタッフの何人かのため、それらの仕事を失うかどうかを明らかにしなかった。たとえ、どのように考えられても、スタッフの50%が、冗長にされ、外で終わるかもしれない。

2016年03月26日に「インディペンデント」の最後が、2016年03月20日に「インディペンデント」の日曜日独版の最後が出版されると予測されている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

「インディペンデント」の編集者アーモル・ラジャン(Amol Rajan, the editor of the Independent)は、新しい焦点がデジタルに合わせられた「インディペンデント」のビジネスを横切ってエディタ場合大きく役割を取る。

レーベデフが出席しなかった職員会議には、けれども「インディペンデント」の共同設立者アンドレアス・ビッチャム・スミス(Andreas Whittam Smith)、アーモル・ラジャンが含まれ.「インディペンデント」の共同設立者として、それが「痛い日(painful day)」であったといわれているけれども、「インディペンデント」の印刷番操作を動かし続けていることが経済的に実行可能ではなかった。

「インディペンデントのジャーナリズムはむしろ一度も愛されたことがなかったか、または尊敬しなかったけれども、コストは支えられえない」と、彼は伝えられるところでは言った。「インディペンデントは先に批評家を再び悪いと道路で、証明する。」

レーベデフは、デジタルの単の未来のために大胆な変遷として、「インディペンデント」な30歳に閉鎖を置くことを試みた。

「新聞業界は変わり、その変化は読者により動かされている」「彼らは私達に未来がデジタルであると知らせている。この決定は独立なブランドを守り、私達が、より多くのリーダを私達のオンラインのプラットフォームに引き付けている高い品質論説コンテンツに投資し続けることを可能にする。」と、レーベデフは言った。

レーベデフは、彼の家族はそのイギリスのメディア財産に重く投資した。2014年09月の終わりまで£1億に湧き出なさい、「インディペンデント」なタイトルのそれの£6,500万--そして、デジタルの変遷はタイトルの未来を守る。

「インディペンデントは、いつも、革新の実績を持つ開拓新聞であった。」と、彼は言った。「それは、イギリスの最初本当に独立な全国的な品質タイトルとして、誇っている遺産を持っている。私の家族は買い、私達が世界的な品質ジャーナリズムを信じているので、ンディペンデントに重く投資し、この動きによりこれらの致命的に重要な編集価値の未来が守られる。」と言った。

出版社は、 5800万の毎月のリーダを持っている新聞のWebサイトは、すでに高収益で、今年収益が50%を育てるのを見ることは期待されている。

イブニング・スタンダード(Evening Standard)だけでなくタイトルとテレビステーションロンドンライブ(TV station London Live)の親会社ESIメディア(ESI Media,)は、independent.co.ukを国際的なデジタルのニュースブランドに組み込むことを中心に行うために、最初の動きにおいてそれが25の新しいデジタルのコンテンツ役割を作成すると伝えていた。

出版社は、それはその登録モバイル・アプリの新しいバージョンもスタートする。それはイギリス外でリーダにチャージすると言った。

ESIグループ取締役会長 スティーブ・オークランド(Steve Auckland, group chief executive at ESI.)は、「決定的なこれに続き デジタルへの動きで、私達は、中心に行ったどのような起動としてだけではなく、設立されたニュースブランドのすべての権限と信頼によっても解決であるとおりになる。本当にユニークな提案」「私達は、現在私達のビジネスのためのクリアで、安全な未来パスを持っている。」と、言った 。

レーベデフはビジネスが、米国操作の拡張だけでなくヨーロッパ、中東、およびアジアの新しい編集局を開き続け「品質ジャーナリズムに投資しなさい。」と言った。

「編集の従業員の間にいくつかの余剰物がある。」
「影響された役割の数は確認されて、相談期間に続いている。」と、会社は言った。

約20人から40人までのスタッフがジョンストンプレス、£2500万で取得したスコットランドの新聞the Scotsmanのオーナーに動くのは予期される。

インディペンデントの編集オリバー・ダフ(Oliver Duff)はツイートし、40人の新聞は合計の51人のスタッフまで拡大する。それは、1ダースの編集スタッフのまわりに雇用するために、現在考えられる。

会社は言った。タイトルの閉鎖は、デーリーメール親DMGTにより所有されている25%である。
「それ自身の正しいの高収益で、成功した新聞ブランドとして続く」 イブニング・スタンダードのステータスに「無ベアリング」を持っている。

損失制作テレビステーションロンドンライブの未来を批評しなかった出版社は、昨年イブニング・スタンダードが£500万の利益を得たと言った。

まだ、世界中で新聞の大改革は継続している!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。