2016年02月12日

WHO、ジカ・ワクチンの大規模臨床試験は1年半以上先!

健康美容と医学の科学性とメディア

AFPは、WHO(World Health Organization/世界保健機関)は、約15の企業や団体がワクチン開発を始めたといったが、ジカ・ウイルス(Zika virus)のワクチンの大規模臨床試験は少なくとも1年半先になると発表したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

WHOの保健システム・イノベーション担当マリー・ポール・キーニー(Marie-Paule Kieny)事務局長補が記者団に対し「ワクチンの大規模臨床試験は少なくとも18か月先になる」と語ったと報告した。

しかし、ワクチン開発レースは始まっているので、緊急事態の時は、エボラと同様に、未承認ワクチンの使用も視野に入れるべきだろう。

2016-02-05---ジカ熱について、CDCのアドバイス:セックス規制の必要性を考慮。
2016-02-03---ブラジルの家族とジカ熱の苦難。
2016-01-28---ブラジルを中心に、「ジカ熱」が拡大!
2016-01-27---デンマークで、南米から帰国の旅行者、ジカ熱と診断!
2016-01-15---ジカウイルス感染拡大で、妊婦に、南米への渡航で警戒を発令。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。