on-the-time.jp

2016年02月11日

女性は、強姦した義理の兄弟の陰茎を切り、警察に出頭!

性とメディア犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、32歳の女性は義理の兄弟が彼女を強姦したと主張し、彼の陰茎を切断し、警察署に持って行って、手渡したと報告した。

これに似た事件は、これまでにも何件か報告されている。
また、男性の陰茎を破壊の神として崇拝するとも聞いたことがある。
それに似たことは、日本でも江戸時代にあったと聞いたことがあり、それに関連しているかどうかは明らかではない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

Times of Indiaは、彼女の3人の子供により従えられて、女性は、インドの中央部のマドヤプラデシのシディー地区(Sidhi district of Madhya Pradesh)で、警察署に行って、彼女が義理の兄弟に強姦されたことを警察署員に教えたと、報告した。

警察は、医学のサポートをその男に送ることを試みたけれども、彼は、自殺したと気付かれた。

伝えられるところでは、彼の体が、家の近くの木からぶら下がっているのが発見された。

インドのメディアは、このような遺体や木にぶら下がった遺体の写真も公開している。

彼女の夫が、700マイル以上離れたマハラシュトラのナシック(Nashik, Maharashtra)で働いたので、女性は義理の兄弟と住んでいた。

彼女は、伝えられるところでは、警察に、それが、彼が彼女を攻撃してくるのをやめさせるための唯一の方法であったので、義理の兄弟のペニスを切り離すために、彼女が鎌を使用したと言った。

シディー警察スポークスマンのアビド・カーン(Sidhi police spokesman Abid Khan)によると、女性は殺人未遂を課された。

「これはまれなケースであり、適切な犯罪事件のために調査される必要がある。」と、彼は言った。

2012年12月にデリーバスの学生の致命的なギャングレイプ以来、インドのレイプでメディアフォーカスの増大がある。

全国犯罪レコード局からのデータによると、インドのレイプの数は2014年に33,707件に9%上昇した。

ただし、実数は明らかではないことだろう。

2015-11-17---妻をレイプしたとされる男性を殺害し、性器食べた新婚夫婦を逮捕。
2015-05-21---21歳年上の夫を毒殺した花嫁の起訴、ナイジェリア検察取り下げ!
2014-11-23---インドで、痴漢行為に抵抗した少女が、灯油かけられ殺された。
2013-06-28---前夫の陰茎を切断した米国の女性は終身刑。
2011-05-30---バングラデシュ女性は、レイプの証拠に相手のペニスを切り取った!
0000-11-13---世界パイプカットデー(World Vasectomy Day)」

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告