AD SPACE

2016-02-11

フィットネス・ブロガーは、どれほど容易に『変化写真』が偽造できるか!

ファッション美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、『私達が見ないすべては、ソーシャル・メディアで目に触れる。』
フィットネス・ブロガーはInstagramでどれほど容易に『変化写真』が偽造できるか ?

フォトショップ詐欺が話題になり、今度は少し手を変えてきた!
しかし、これも詐欺である。

[AD] You can advertise on this site.

化粧品会社までが、化粧品ではなく、整形美容で顔の皮をひっぱり、シワを伸ばしている!

額が広くなった人は、整形美容で顔の皮をひっぱり、シワを伸ばしている!

上から、下から、右から、左から引っ張って、シワを伸ばし、コラーゲンの注射を射って、どんどん他人になっている。

もう、元に戻れない!

申し立てによると圧倒的なボディオーバーホールを示している「変化写真」は、最新のオンライン感覚になり、たとえ1人のフィットネスブロガーが私達にイメージで用心深いとどのように警告しても、私達はインターネットで見る。

足緒をつけなさい。 ビキニを着るために、自身の「before-and-after」写真を連れて行った PlankingForPizzaで、、Instagramを動かすフロリダ州オーランドからと、見なしている。

26歳は、彼女がやせてイメージの「後に」、たくましい彼女の「前」の写真および一見したところもっとずっと少なく調音されるようである。

しかし、変化は、数時間の運動および数週のダイエットに起因していなかった。代わりに、写真はちょうど30秒分解された彼女の体は単に姿勢の変化とビキニ調整をオーバーホールする。

「これは変化写真ではない」 ジェスは彼女の45,700人のInstagram追従者を認める。「今週、私は、30秒変化写真をすると決めた。これらの写真は今朝[原文ママ]秒分解された。」

「私の姿勢が貧しい左には、私は私の腹をできる限り出している。」

「私がまっすぐに、快適に我慢している右に、私は軽く曲がり、私は、現在よく適合している私の底を調整した。」

「私は、すべてではなく、私達が見た目[…]にトライしている。ソーシャル・メディアにおいてここで目に触れる。」

ジェスは、いわゆるボディ欠点を認めて、抱擁することを学ぶことの利点だけでなくボディ自信の重要性を教授する偽造の変化ショットも使った。

「あなたはあなたの最もよい角度を示し、あなたの傷を隠すことができるけれども、結局のところ、私達が、表示することを選んだものが、自身の反射である。」

「私の体は完全ではない。私は、まだ、快適であるように私がそれによってゆっくり学んでいる欠点と傷を持っている。私は本当で、正直にオープンたい。」

「私は前写真ではない。私は後写真ではない。私は太らず、私は完全ではない。私はひびが入る。私は傷跡をつけられる。私は不安定である。しかし、私は学び、私は、ある日に私が私を完全に愛することを期待している。」と、ジェスは言った。

詐欺をテクニックと自慢するカメラマンが多すぎる。

そのおかげで、カメラマンがどんどん食えなくなる。

化粧品会社が、荒れる!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE