gaYa広告

2016年02月11日

誰もがmickeyを非常に明らかな理由のため、世界最大の航空ライナーから取り去る。

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、世界最大の航空機は、次の月にイギリス上のコースでテストされると報告した。

あなたは、固定概念を持たないで、これをなんだと思うか?

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

The Airliner 10(定期旅客機10)はフットボールピッチの長さであり、飛行機と飛行船とヘリコプターの間の混合物である。

それは10メートルトンで、それを運ぶその能力が92mの長さがあり、50人の人々を運び、幅43mであり、高さが26mあるにもかかわらず91mphの一番上のスピードに達することができた後に、それは名付けられた。

勇気が奪われた3週間それが空輸されるままでいて、極端な温度において動作するかもしれず、それを可能な捜索・救助活動の乗り物に活用する。

それは、通常、2014年02月28日にとられた上記の写真のようなイメージによって建築とテスト開発について物語によって特集された。

あなたが予測すると結果、ソーシャル・メディアが技能での最新の開発に正確に反応する。

この巨大な飛行物体は、あまりにも猥褻すぎる。
こんなものを公共の場で飛ばして、社会的な問題になるだろう。

どう見てもケツが、飛んでいる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告