gaYa広告

2016年02月12日

3Dプリント自転車時代がやってきた!

観光アートファッションスポーツ自然音楽

この3Dプリント自転車で、どこに行くか?
3dprinting.comは、たぶん、それは現在のヒップスター場面の影響であった。
都市の自転車乗りの間の大宣伝と報告している。

買ってきた自転車ではなく、自分の自転車!

もう、なんでもありである!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

スタジオでデザインする所、見たところ都市の自転車乗りに、始動した郊外の自転車乗りがするより完全に違う自転車と自転車デザイン・プロジェクトが必要である。

5つの都市が完全な都市自転車を考え出す必要があった。

勝利の自転車は、100台に限定され、製造されて、来年店に出る。

産業、ポートランド(Portland)ベースのスタジオは、非常に興味深い自転車を考え出した。
いつ停止するか、または回るかをあなたに話すブルートゥースとハンドルを使う。

産業は、3Dプリントのチタンフレームで自転車を作成するために、Tiサイクルによっていっしょに働いた。

自転車は固体であるとみなされて、スマートフォンアプリと接続できる「私の自転車。」

ライトに置換が必要な時に、およびもし何かが人のブレーキに具合が悪くなるなら、このアプリはユーザーを警告する。

提案、どこで食べて、買い物するかによって、ポートランドのとてもファッション最先端の地域を通して一連のルートを持っている「Discover My City」と呼ばれるソフトウェアもある。

それにもかかわらず、サイクリングを持つアイデアは、あなたがあなたのスマートフォンではなく、道路を中心に行う必要がある。

従って、この自転車は、ハンドルについての統合されたフィードバックを使う。

回転が出現する時にそれらがうなると、それらのハンドルは、いつ回るかをユーザーに話す。
ナビゲーター付き自転車!

あなたがより近くなっていると、それらはより頻繁にうなる。

それから、電子ボタンを押して内蔵のセンサーと変化ギアを経たあなたのライトをコントロールするために、可能性がある。

はい、スーパーマンのための自転車。

自転車は非常に興味深く見えて、デザイン世界のためのアートの断片と考えられうるけれども、私達が曲がり角に接近している時に私達が私達の自転車が自動的なうなり声を持っていてほしいかどうかは知らない。

他の側について、一般について取引することはいくらかの特別な安全を追加できた。

あなたが自転車が好きであるかどうかにかかわらず、あなたは、ポートランドベースのスタジオが都市の自転車乗りの概念をまったく新しいレベルにもたらすと認めている必要がある。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。