gaYa広告

2016年02月08日

スリランカ政府は、2016年03月にGoogle気球インターネットに乗り出す。

教育

Cellular-News.comは、スリランカ政府は、気球を経たインターネット接続性を提供するためにGoogleの気球インターネット・プロジェクト(Google’s balloon Internet project)「プロジェクト・ローン(Project Loon)」のローカル支社の株式25%を買うことを計画すると言ったと報告した。

テレコミュニケーション大臣ハリン・フェルナンド(Telecommunications minister Harin Fernando)は言った。プロジェクトローン計画のテストは、コロンボの郊外ラットマラナ(Ratmalana)で今月以降、無料インターネットを提供するを開始する。

トライアルは来年に続くかもしれない。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

政府は、操作の4分の1を買うことを計画し、共同ベンチャーの10%をローカルなテレコムオペレータに提供する。

気球は商業用の航空機の2倍高く浮かび、必要補給の最高6ヶ月前に浮遊中のままでいることができるはずである。目的は、低価格で広いエリアの上のインターネット接続性を提供することであり、地方のエリアの記事を押し上げる。

サービスは3月に顧客にスタートするはずである。

ただし、米国のマサチューセッツ工科大学(MIT/Massachusetts Institute of Technology)メディア・ラボ(Media Labo)が推進していた子供にUS$100でパソコンを提供するという「US$100 PC project」のように、米国政府が後援して、中途半端で終わっている。

今回のも永続的ではなく、短期で終わり、無駄ら浪費になることだろう。

米国では、これをしたたかというが、日本では貧乏人を騙す資本主義として、汚いという。

2014-04-15---Googleは、新興市場でインターネット・アクセスを広げる会社を買収。
2013-06-15---Googleは,インターネット・ビーミング気球を飛ばした。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。