AD SPACE

2016-02-08

スリランカ政府は、2016年03月にGoogle気球インターネットに乗り出す。

教育

Cellular-News.comは、スリランカ政府は、気球を経たインターネット接続性を提供するためにGoogleの気球インターネット・プロジェクト(Google’s balloon Internet project)「プロジェクト・ローン(Project Loon)」のローカル支社の株式25%を買うことを計画すると言ったと報告した。

テレコミュニケーション大臣ハリン・フェルナンド(Telecommunications minister Harin Fernando)は言った。プロジェクトローン計画のテストは、コロンボの郊外ラットマラナ(Ratmalana)で今月以降、無料インターネットを提供するを開始する。

トライアルは来年に続くかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

政府は、操作の4分の1を買うことを計画し、共同ベンチャーの10%をローカルなテレコムオペレータに提供する。

気球は商業用の航空機の2倍高く浮かび、必要補給の最高6ヶ月前に浮遊中のままでいることができるはずである。目的は、低価格で広いエリアの上のインターネット接続性を提供することであり、地方のエリアの記事を押し上げる。

サービスは3月に顧客にスタートするはずである。

ただし、米国のマサチューセッツ工科大学(MIT/Massachusetts Institute of Technology)メディア・ラボ(Media Labo)が推進していた子供にUS$100でパソコンを提供するという「US$100 PC project」のように、米国政府が後援して、中途半端で終わっている。

今回のも永続的ではなく、短期で終わり、無駄ら浪費になることだろう。

米国では、これをしたたかというが、日本では貧乏人を騙す資本主義として、汚いという。

2014-04-15---Googleは、新興市場でインターネット・アクセスを広げる会社を買収。
2013-06-15---Googleは,インターネット・ビーミング気球を飛ばした。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.