gaYa広告

2016年01月31日

安いタクシー?あなたはUberの真実のコストを見逃したに違いない。

観光モバイル・マネー経済

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、Googleなどのテク巨人や、Uberから、それらの富を隠すそれらが、サービスを改善するために私達がテクノロジーを使用することをより困難にすると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

なぜ私達が米国テクノロジー巨人へのそんなにUS$625億(440億)より多くと見積もられる本物の代案を見ないかを理解するために、似た会社Uberの運命を比較することが教育的であることから。昨年末閉鎖が強制された革新的なフィンランド起動であるKutsuplusを見た。
Kutsuplusの熱望は、公開輸送のUberである必要があった。それは、回復し、ヘルシンキで、どこでも、効率を最大化するために配備されたスマートフォン、アルゴリズム、およびクラウドによって乗客と関係を絶つマイクロバスのネットワークを運営し、切断はすごい公務についてコストを見積もり、提供する。

細長い予算に作用したローカルな大学のスピンオフであり、Kutsuplusはそれの後ろの豊かなベンチャー・キャピタリストを持っていなかった。

これは、たぶん、その崩御に寄与していたものである。
ローカルな輸送権限は、60%の印象的な1年前と比べた成長にもかかわらずそれが高価すぎることを発見した。

一方で、「高価」は、Uberではないすべてである。

あなたが、サービスの低価格をその精巧さおよびグローバルなスケールに帰することに誘惑されてもよい間、それは輸送のWalmartであるか?
その値ごろ感はより平凡な起源を持っている。
巨額の投資者現金に座っているUberは、どのような競争相手でもノックアウトするために、燃えるUS$数十億の余裕がある。
それらでから、保守派のタクシー会社または新興企業が、Kutsuplusが好きである。

テクニュースサイトThe Informationの最近の記事は、収益の12億を予約する間US$17億のUberの2015年の最初の第3四半期は血走っている示唆する。

会社がそんなに多くのお金を持っているので、それらが、燃料と乗り物減価償却の結合されたコストをカバーすることさえしなかったので、最低いくつかの北アメリカの位置で、それは、レートで、乗ることをそんなに低く提供している。

Uberの戦略は簡単である。
それは、需要を増大させるために、レートをそんなに低く動かしたい。彼ら自身の車または大衆を違った形で使ったであろう顧客のうちのいくつかをおびき出すことによって輸送する。

そして、するために、たくさんの現金を燃やすことがいとわない配達をパッケージする食物から、隣接した産業に急速に拡大する。

明らかであるけれども、めったにされた質問は、誰の現金がUberを動かしているか?

グローバルな拡張がハイテクおよび金融の巨人により得られた利益に課税することについての政府の無力により容易にされた会社の完全な例が、Uberの後ろにいるGoogle、アマゾンのジェフ・ベゾス(Amazon's Jeff Bezos)、およびゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)のような投資者である。

このラインで、Livedoorも計画されたが、アメリカが経済崩壊し、資金のチェーンが切れ、ホリエモンは干され、犯罪者として刑務所に入った。
資金のチェーンが切れなければ、フジテレビは、Livedoorに乗っ取られた。
フジテレビの幹部は、そのとき何もできなかったし、知らなかった!

はっきり言うと、Uberがそんなに多くの現金を持っている良さと、もう政府がしないのであることが理由。

代わりに、このお金はシリコンバレーとウォール街会社の沖合のアカウントに吹き貯められる。

それがUS$2000億の潜在的な課税海外現金を発表したアップルを見なさい。または、最近、たった今2015年のためのUS$36億9000万のレコード利益を発表したFacebookが座っている。

これらの会社のうちのいくつかが、それらの気前のいい心付けを政府と共有することを選ぶ。
アップルとGoogleは、それぞれがイタリアとイギリスで。彼らが中に借金しているものよりずっと小さい税金法案を支払うことに合意した。
しかし、そのようなものは、それらの公正なシェアを支払うというよりもそれらが使っている問題の税金手配を合法化する時に、目的を動かす。

これを仕事にするmほとんどの政府の恐ろしい状態と比較しなさい。

および、市当局は今日自身を見つける。

税収を切望し、それらは、しばしば、物を、厳しさの政治で、最悪事態に関係することによってより悪くするか、またはインフラストラクチャー、革新、または強欲なシリコンバレーの「プラットフォーム資本主義」への作成代案が専門の予算を縮める。

これらの条件のもとで、Kutsuplusのような約束しているサービスが閉鎖される必要があることが、全然不思議ではない。
Googleとゴールドマン・サックスの一見したところ、無限の現金供給から切れたなら、Uberは、Livedoorのように、その上で沈んだであろう。

それは、たぶん、フィンランドがヨーロッパの厳しさのより細心の支持者のうちの1人である。偶然の一致ではないノキアを沈ませて、今やその国には別の可能性がなかった。

つまり、表面で騒いでいる企業は、薄氷の上でフィギア・スケートを楽しんでいるようである。

ナイーブではないように、ウォール街とシリコンバレーは、永遠に輸送を援助していない。

いっそう多くの現金または生産性持ち、Uberを圧搾することにより、Uberのコストを引き受けるために広告を用いることの見込みがまだ非常にリモートであること、これらの会社がそれらの投資を取り戻すための唯一の方法のドライバー、または過ぎて結局、一度、すべてのそれらの競争相手が外出して、旅行のコストを上げる。

これらのオプションの両方はトラブルを綴る。

Uberまたトライする間、すでに、より高いパーセンテージを、そのドライバーの運賃。この運賃は、から取り去っている背景チェックと関連し、教育をより多くのコストにそのドライバーに直接通過し、保護するために、いわゆる安全に乗る料金を通じて20%から30%まで値上げを行ったと報告される。

これが、アメリカ式ビジネスである。

このような流れに、日本の政治家も絡んでいる。

詳細を言うとおもしろさが消えるので書かないが、それを理解しないで共産党が反対しても、上滑りで、効果は期待できない。

ここでの唯一の選択は、レートをより高く受け入れる必要がある乗客のためのドライバーおよびより多くの不安定(precarity)のためのより多くの不安定の間にある。論争の習慣のについてまたは急増価格のような習慣なしで。需要が高い時には、価格は上がる。

さらに、会社は、活動的に輸送のためのデフォルトプラットフォームとして、そのステータスを強固にしようとしている。

フランスの最近のけんかの時に--政府をそれらに気づかせるために、タクシー運転手が暴動を起こしている。Uberそのプラットフォームを2番目の仕事が欲しいどのようなプロフェッショナルなタクシー運転手にでも広げると申し出た。

言うまでもなく、そのようなプラットフォームは、適切に管理されて、透明な支払いによって評判そして、価格システムをずっと前に都市により設立されるべきであった。

これは、Kutsuplusのような新興企業の激励とサポートとともに、Uberの正しい規定反応にあったと考えられる。

あいにく、この空間で非常にほとんどの方針で、革新がないこと、および主要な反応に、Uberはこれまでにその優越に不満足な他のUber似の会社から来た。

従って、インドのOla、中国のDidiKuaidi、米国ベースのLyft、およびマレーシアのGrabTaxiは、同盟を形成し、それらが動作する国の互いのアプリから本タクシーに顧客を許すことにした。

これは、Kutsuplusのような革新者が茂るかもしれない実行可能なサポートシステムを作成することが不足に陥る。それが同じ攻撃的なモデルを追跡すると、Uberの取り替えは、Lyftによって問題を解決しない。

ここのより広いレッスンは、国のテクノロジー方針がその経済政策に直接依存することである。一方は他のアクティブなサポートなしで茂るはずがない。

厳しさは、議事日程への厳密な固執と結合された課税における少し怠慢な態度の数十年は、輸送のような提供サービスの種々のモードによって実験することに利用可能な公的な資源を平らげた。

これは、そのようなプロジェクトのサポートの唯一の実行可能なソースとして、税金収縮会社とベンチャー・キャピタリストを残し、日常生活を、略奪している企業力のための理想的な遊びグラウンドとみなす。

従って、それらの多くはKutsuplusのように始まり、Uberが終わるだけであるように、そのようなものは、それらの投資において過大なリターンを予期する投資者と働くことの構造の制約である。

そのような制約を持たない発見と出資プロジェクト(finding and funding projects)がしない。それ自体はそんなにかたい。かたいものは、現在の経済気候が特に与えられ、それらに投資するために、現金を見つけている。

課税は先へ唯一の方法のように思われる。多くの政府は、何がそれらに起因しているかを尋ねる勇気を持っていない。GoogleとHM宝庫の間の妥協案は適切なケースである。

そして、すでに次の発見と出資プロジェクト(finding and funding projects)は、正しいターゲットを見つけた。

このビジネスは、本来、日本のやくざや右翼が得意とした。

最近は、そのお株を奪うIT企業が増えている。
しかし、そのIT企業を日本のやくざや右翼も動かしている。

まさに、輪廻の世界である。

2016-01-25---Uberで48.3kmに、US$640の請求で、びっくり。
2016-01-22---テスト!あなたは常識的?それとも非常識?
2016-01-04---Uberの年末運賃ホラー---恐怖は静かにやってくる!
2015-11-16---インドのタクシー歓迎App「Ola」、マネーAppを切り離す。
2015-10-30---Uber、オーストラリアのキャンベラで合法化!
2015-09-01---Uber hatchesは、インドで、それ自身の財布の計画。
2015-08-21---Airtelは、UberのライダーにWi-Fiを無料で与える。
2015-07-22---NYCは、タクシーではない運転手として、Uberと合意。
2015-06-25---反「ウーバー(Uber)」デモが暴徒化!
2015-05-28---恐るべし闇Web、パパのUberアカウントをハックできた。
2014-10-15---相乗り通勤サービスのUberが賃貸しているところ。
2014-09-02---ドイツの裁判所は、相乗り通勤サービスUberを禁止した。
2014-08-28---イギリスのMEは、トップ50人のモバイル・イノベーター2014を公開。
2014-08-18---インド中央銀行は、モバイル・アプリUberが外国為替法合法?違法?調査中。
2014-05-22---ロンドン・タクシー・ドライバーがスマートフォンAppオフィスを攻撃。
2013-11-22---進化した東京のスマート・タクシー。
2013-08-23---ニューヨークのキャブ運転手、事故は私の責任じゃない!
2013-08-19---VeriFoneは、タクシー運賃のためのモバイル決済を始めた。
2013-08-16---タクシー予約Appが、急速に市場で浸透すると共に、投資を確実にした。
2013-08-11---ノルウェーの首相、国民の声を聞くため、タクシー運転手に化けた〜
2013-05-24---In-car appsは2017年までにUS$12億の機会を示す。
2013-03-26---マイクロソフト、ロンドン・タクシーWi-Fiサービスを支持。
2012-12-27---ニューヨークの着手で、タクシー用モバイルAppがUS$6,000万に上昇!
2012-12-13---ニューヨークで始まる「e-hail」
2012-12-10---有名なロンドン・タクシーがモバイルのWi-Fiホット・スポット!
2012-03-19---世界のスターになったタイのバイク・タクシーTwitter!
2011-11-10---ロンドンで初めて電気自動車無線通信の実験を発表。
2011-06-28---シンガポール最大のタクシー会社はVeriFone NFC支払いソリューションを選択。
2011-05-04---ニューヨークの日産ミニバン・イエローキャブ!
2011-03-12---パキスタンで、非常に目新しい女性タクシー・ドライバー。
2010-05-25---ロンドン・タクシー「Black Cab」の1週間無料キャンペーン。
2007-05-01---名古屋市のタクシーが全面禁煙になった。
2004-11-17---ロンドン・タクシーのクリーン・エネルギー作戦
1998-12-23---90年代に北京市内でよく見られたワゴン型の小型タクシーが消えた。
1965-11-27---タクシーにはねられて死んだ愛犬に5万円の賠償を命じた。
1959-12-03---個人タクシーが認可された。
1938-03-01---京都のタクシーがメーター制になった。
1912-08-05---東京の数寄屋橋タクシーが、日本初のタクシ−を開始した。
1897-09-10---世界で初めて、飲酒運転で逮捕された。
1834-12-23---「safety cab(安全タクシー)」の特許を取得した。
1687-10-19---「公共賃貸いすかご」が利用可能になった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告