on-the-time.jp

2016-01-25

黒海上で、ロシア軍用ジェットと米国軍用機ニアミス!

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年01月30日に、CNNからの情報によると、ロシアのジェット機が、3人のパイロット、2人のナビゲータ、および10人の電子戦闘役員を含む21人のクルーを運ぶ米国空軍の偵察飛行機の15フィート以内を飛び、国防総省役員は、『危険で、プロとしてふさわしくない方法』において妨害が起こったと言った。

[AD] You can advertise on this site.

ロシアのジェット戦闘機は、月曜日に黒海上の国際空域の米国空軍調査飛行機の15フィート以内に来た。

2014年に、同じタイプとして、ロシアと日本の間のオホーツク海の上で、米国空軍RC-135Uの先100フィート以内に、ロシアのSu-27が飛んだ同様の出来事があったと報告している。

米国役員は、「最も危険な終わりのうちの1つは、数十年で通過する」
ロシアのジェットは、「米国クルーの生命を危険にしなさい」と言う。

ロシアのジェット機が、また回り、米国へ「その腹が見せつけ、大喜びした。」
従って、彼らは、それがミサイルによって武装されていると確認できた。

国防総省役員はロシアのSu-27パイロットによる妨害を言った。
「アメリカのフライトクルーおよび危機に瀕する自身」を置いた「危険で、プロとしてふさわしくない方法」において起こった。

ロシアのパイロットは、右「RC-135のための不安定化行動を起こし。重量パワーを持つ」へのバンキングの前に、米国RC-135U調査飛行機のそば、15フィートと同じくらい近く飛んだと、防衛部門役員はABCニュースに言った。

ロシアの軍隊はリポートを批評しなかった。

米国空軍によると、RC-135は、「電磁スペクトラムにわたってシグナルを検出し、識別し、土地で突き止める。」そのために可能な最先端の知能機器を搭載している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.